発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自殺願望を持ち続けた発達障害の女性は今、ミスコンで輝く

time 2020/10/20

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自殺願望を持ち続けた発達障害の女性は今、ミスコンで輝く
  • 孤独や友達の不在が発達障害の人にどんな影響を与えるのか?
  • 発達障害をもつ人が友達や居場所を見つけるためにはどんなサポートが必要なのか?
  • 発達障害をもつ人が生きる中で希望を持ち続けるためにはどうすればいいのか?

ミス・ワールド・オーストラリアのファイナリストになった女性が、かかえている発達障害のため、20歳のときに自殺しようと思ったことについて語りました。

23歳のローラ・ヤンガーは13歳のときにアスペルガー症候群と診断されています。
ずっと孤独で、友だちがいなかったといいます。

何年も悩み、自殺願望をもっていました。
自分は何にも所属していないと感じていました。
最近まで看護学校に通っていましたが、ここでもうまく行かず中退しました。
その後、このコンテストに応募しました。

自分の居場所はどこにもない、誰も頼れないと感じていたそうです。
生きていくには友だちがとても重要だと考えています。
とくに発達障害の人にはそうだと。

「多くのことに悩みました。
ずっと苦労してきました。
発達障害の人は、そのために精神的な健康がくずれてしまうこともあります。

私には友だちやいっしょに遊ぶ人はいませんでした。
私はずっと経験してきたので、そうした人たちの気持ちはよくわかります」

ローラは、これまで待ち望んでいた本当の友だちと、愛に満ちたボーイフレンドと出会ってから、人生が変わったといいます。
その直後、2018年にミス・マルチバース・オーストラリアに応募しました。

ローラは自分のストーリーが、人生が良くなるようにと悩んでいる他の人の助けになってほしいと願っています。

「希望はずっと捨てないでください」

コンテストに応募したのは、これまで自分ができるとは全く思っていなかったことに挑戦しようと思ったためです。

他の人と関わったり、友だちを作ることはまだ簡単なことではありません。
ミス・ワールドに出場するのも簡単ではなく、自分でも驚いています。

23歳のローラは、目の前のハードルを乗り越えるために、世間話や社会的なしぐさなど、他の人が当たり前にやっていることを今勉強しています。

また、コンテストの一環の活動として、特別支援を必要とする子どもたちのためのチャリティ活動にも取り組んでいます。

「支援を必要としているオーストラリアの子どもたちの生活を変える。
そのためのWebページも作りました」

(出典・画像:英Mail Online

希望を捨てることなく、こうして自分が輝ける機会にも出会えて本当に良かったと思います。

たくさんの人が、さまざまに、輝ける機会に出会えたらいいなと願います。

母が実現に近づけたインド初の発達障害の少年ファッションモデル

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。