発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子と最高の友だちになってくれた犬を他の家庭でも

time 2020/12/30

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の息子と最高の友だちになってくれた犬を他の家庭でも

レオン・カービー=ブルナーは発達障害の自閉症をかかえています。
コミュニケーションに苦労していますが、3歳になる犬のファーンのおかげで、おしゃべりをするようになったと両親は言います。

4歳のレオンはファーンと「最高の友達」になりました。
母親のヘイリーはこう言います。

「息子のレオンは自身の小さな世界に閉じ込められていました。
ファーンに会うと一目惚れをして、切っても切れない関係になりました。
レオンの目は今までに見たことのない輝きを放っていました」

レオンは今では話しだしたら止まらないほど、コミュニケーションがとれるようになりました。
まだレオンが赤ちゃんだった頃に子犬だったファーンを家族に迎えました。
二人は一緒に成長してきました。
彼らはかくれんぼをしたり、おそろいの服を着たりするのが大好きです。

「ファーンが毎日私たちに与えてくれる助けは、本当に素晴らしいです。
他にも、レオンがパニックを起こした時には圧力の刺激を与えて落ち着かせたり、階段を上らないようにガードしてケガすることがないようにしてくれたり、頭を叩こうとしている時にはそうさせないように体を入れてきたり、必要な時には慰めてあげたりしてくれています。

d1-1 発達障害の息子と最高の友だちになってくれた犬を他の家庭でも

犬のファーンは毎日、たくさんのことをしてくれ、家族の生活をとても楽にしてくれています。
今ではファーンの助けがないことは考えられません。

レオンとファーンの間には、これからもますます強くなる絆があります。
ファーンもレオンと一緒にいるときが一番幸せそうです。
ファーンはレオンを助けるのが大好きなんです。
レオンの人生を変えてくれました」

レオンの両親、ヘイリーとカーステンは他の自閉症の子どもたちも助けたいと考えています。
現在は、他の家庭にもファーンのような犬を提供できるように資金を集めているところです。
ファーンについての伝えるFacebookページには4000人以上のフォロワーがいます。

ヘイリーはこう言います。

「ファーンは私たち家族の生活、レオンの人生を変えてくれました。
私の夢は、ファーンが私たちを助けてくれた方法を、他の自閉症の子の家族にも提供することです。
きちんと訓練されたアシスタント犬、別の家庭にもファーンのような犬を迎えられるようにする予定です」

(出典・画像:英METRO

お子さんも家族も本当に助けられています。

こんなワンちゃんが求める家庭にいるようになってくれれば本当に良いですね。

猫を飼うと自閉症の子は共感力が高まり問題行動が減少した。研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「朝食とねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。