発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

「興味を持っていることを探して」発達障害の子を育てた母から

time 2021/04/30

この記事は約 2 分で読めます。

「興味を持っていることを探して」発達障害の子を育てた母から

ドナ・ジャーニーは息子のベンが2歳のときに発達障害の自閉症と診断されたとき、最初は絶望したといいます。

その前から、ベンが自分や夫と目を合わせるのを嫌がり、話そうとしても顔を押しのけてしまうことが多くなり、心配していました。

「自分の子どもとコミュニケーションがとれないとわかると、とてもショックでした」

現在、ベンは26歳になり、家族でやっている旅回りのゴスペル・ミュージック・グループの一員として、ピアノやギターを演奏し、ときには歌も歌っています。

思い返せば、ベンは幼い頃から音楽が好きだったとドナは言います。

「私たちが店に行くと、音楽的なものは何でも手に取って欲しがりました」

m4-3 「興味を持っていることを探して」発達障害の子を育てた母から m5-2 「興味を持っていることを探して」発達障害の子を育てた母から

ある日曜日の朝、教会の友人がベンにステージで一緒にギターを弾いてもらおうと提案したときに、ドナは夢がかなうとわかりました。

「それは、私に衝撃を与えました。
もし息子のベンが彼らと一緒にできるなら、私もあなたと一緒にできるわ!」

その日以来、ドナとベンたちは東海岸のあちこちでショーを行い、クルーズ船でもパフォーマンスを行っています。

しかし多くの家族がそうであるように、新型コロナウィルスの感染拡大は彼らの計画を大きく変えました。

自閉症スペクトラムの人たちにとって、日常生活の予期せぬ変化は大きく困難なものとなります。

「キャンセルになるたびに、ベンは床に座り込んで泣いていました。
哀れなものでした。ベンの世界は崩壊してしまいました」

その後、Facebookでのライブや新曲の制作などを経て、現在ではワクチン接種も完了し、パフォーマンスも再開しました。
将来に向けての期待も高まっています。

m3-4 「興味を持っていることを探して」発達障害の子を育てた母から m2-4 「興味を持っていることを探して」発達障害の子を育てた母から m1-4 「興味を持っていることを探して」発達障害の子を育てた母から

ドナはベンのような子どもたちと家族についてこういいます。

「子どもたちの多くは、あなたの言うことをすべて理解しています。
なので、子どもたちの周りで、子どもたちのことを傷つけるようなことを言えば、それを知ります。

だから、発言には気をつけてください。
子どもたちの家族と仲良くしてください。家族が何を経験しているのか、あなたにはわからないのですから」

ベンのような子をもと家族にはこうアドバイスします。

「小さな頃から、子どもが興味を持っていることを探してください。
それができれば、子どもはあなたを驚かせてくれるはずです」

(出典・画像:米wxii12

うちの子も音楽は大好きです。

最近のお気に入りは、ちと古いですが、エレクトリック・ライト・オーケストラの「ミスター・ブルー・スカイ」

ノリノリです。

今は、家族みんなこの曲がお気に入りです。

発達障害の息子と私たち家族の生活をビートルズが変えてくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「わざとしているのか、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。