発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

Apple Watchは発達障害の私に価値あるツールだった

time 2021/05/03

この記事は約 6 分で読めます。

Apple Watchは発達障害の私に価値あるツールだった

数年前にApple Watchをプレゼントされるまで、私はApple Watchに関心はありませんでした。

このようなガジェットがスポーツ以外でどのように役立つのか、発達障害の人のユニークなニーズに合わせてどのように調整することができるのか、考えることはありませんでした。

私は、自分が自閉症であることを知るずっと前から、自分がぼんやりしていることを知っていました。

私は19歳のときに診断を受け、それまでの数年間は混乱し、孤独で、自分が同年代の人たちとはどこか違うということを痛感していました。
子どもの頃は、宿題や時間割を把握するのに苦労しましたし、大学生になってからは、教室の場所や、少なくとも定期的に食事を摂らなければならないことが課題でした。

私は、説明を拒み続けながらも私に従うことを求めるルールを主張する先生方をいつまでも信じられませんでした。
24歳になった今、私は食事の材料や日課の手順を思い出すのに苦労しています。
普通のこと、人間らしいこと、多くの人が自動操縦に組み込んでいるようなことを忘れてしまうことがあります。

そしてここで、Apple Watchが思いがけず私の人生を大きく変えることになりました。
Apple Watchは、私や私の障害の性質や複雑さの変化に合わせて進化するデバイスです。

アプリをひとつもダウンロードしていない状態でも、Apple Watchの2つの機能が役に立ちました。
タップ通知のオプションと、ほぼ無限にカスタマイズ可能なウォッチフェイスです。

音に非常に敏感な自閉症の私にとって、携帯電話の通知音が鳴り続けることは、何の役にも立ちませんでした。
私は数年前から携帯電話の音と振動をすべて無効にしていました。
そのため、Apple Watchのソフトで静かなタップジェスチャーを発見したときは、興奮と感謝の気持ちでいっぱいでした。
多くの人にとっては取るに足らない小さな機能ですが、私にとっては、アクセシブルな製品とアクセシブルでない製品との間の真の違いをもたらすものです。

膨大な数のウォッチフェイスが用意されていること、一度に複数のフェイスを持つことができること、そしてそれぞれのフェイスを異なるアプリのショートカットでカスタマイズできることは、私が個人的に障害者支援を行う上で特に価値のあるものでした。

私は通常、3つのフェイスをスクロールして使い分けていますが、それぞれ色や文字の大きさ、強調された機能が異なり、いつでも最小限の労力でこれらを変更することができます。
Apple Watchは、私が必要と思う頻度や頻度に合わせてフェイスを調整することができます。

その結果、Apple Watchは、私や私の障害の性質や複雑さの変化に合わせて進化するデバイスとなりました。

私が愛用しているのは、あらゆる年齢層の発達障害などの人が自分の時間を管理できるように開発されたスケジュール管理アプリ「Tiimo」です。

Tiimoは、時間管理を支援するために開発されたアプリで、私はここに日課を保存し、タスクを整理し、一日をブロック化しています。
このアプリは個人のニーズに合わせて簡単に調整することができ、アイコンや色を選択したり、タスクを特定の時間に指定するかどうかを選択したりして、繰り返しのルーティンを一から作成することができます。
スマホやタブレットでも、ウェブサイトにログインしても管理でき、この自由度の高さは計り知れないほど便利です。

Tiimoのおかげで、タスクを厳密にこなす必要があるのか、それとも休む余裕があるのか、自分のペースで仕事をするのかを毎日判断できるようになりました。

w1 Apple Watchは発達障害の私に価値あるツールだった w5 Apple Watchは発達障害の私に価値あるツールだった w4 Apple Watchは発達障害の私に価値あるツールだった

Tiimoを見ると、割り当てられた時間ブロックの終了までの残り時間がわかり、そのブロックに設定した集中力を要する特定のタスクをスクロールして確認したり、完了したタスクにチェックを入れたりすることができます。
また、スワイプすると、自分のルーティンや一日の残り時間を確認することができます。

タイムブロックの半分を過ぎた時点で、Apple Watchは気になる音を立てずに優しくタップして通知してくれるので、一日中、自分のペースを保つことができます。
毎朝、Tiimoで1日の流れを整え、もうひとつの重要なアプリ「Things」に保存されている実行リストから、必要なタスクや関連するタスクを移動させます。

Thingsでは、食料品のリスト、読みたい本、予定されているイベント、まだ日付が決まっていない機会など、細かいタスクや覚えておかなければならない雑多なことを記録しています。

私は、毎月の小さなタスクを記録した「未来の記録」と、「今日」セクションに実行中のToDoリストを置いています。
ThingsはiPhoneのカレンダーと自動的に同期するので、すべての情報が一箇所に集まり、紛失することもありません。
アプリは時計でも表示可能で、その日に残っているタスクを一目で確認できます。

それが終わると、リストの代わりに丸とチェックが表示され、すべてが終わったことを知らせてくれます。
これは小さな機能ですが、わかりやすくてありがたいです。
ゆっくりとした時間の流れの中で、軌道修正をあまり気にしなくてもいいような静かな日には、Tiimoの代わりにThingsをよく使います。

w3 Apple Watchは発達障害の私に価値あるツールだった

情報を保存したいときは「Bear」を使っています。
私は診断を受けていますが、いまだに記憶力が悪く、頭がぼんやりしてしまうことがあります。

私はアプリをハッシュタグのシステムを使って2つのセクションに分けています。
個人的な情報、写真、メモには「journal」というタグを付け、参照のために保存しておきたいその他の情報には「mindpalace」というタグを付けています。

時計のハッシュタグでアプリを操作することはできませんが、最新のエントリーをスクロールすることができるので、例えば新しい場所に行く前に情報を準備しておくときなどに便利です。

Bearは、複雑な仕事のメモを作成したり、重要な管理情報を保存したり、自分の特別な興味に関する詳細なエントリーを収集する場所であることが多いです。
話題に関連したハッシュタグを付けてさらに細かく分類しているので、その日の記憶力に関わらず、すべてを簡単に見つけることができます。

宿題や時間割を気にする必要はなくなりましたが、1日の流れを把握したり、時間を管理したり、立ち上がって足を伸ばすことを忘れないようにしたりすることには、今でも大きな苦労があります。

Apple Watchは、私が当初想定していたような「ただのスポーツガジェット」ではありませんでした。
自分にとって非常に価値のあるツールになりました。
必要なときにはオンにし、必要でないときにはオフにすることができます。

私は、この自分専用のカスタマイズされた障害者支援ツールを構築して2年になりますが、その結果、日々、より良い機能を発揮しています。

(出典・画像:米Wirecutter)(画像:Pixabay

使っている人をよく見かけるようになりました。

こうした身近な、他の人も使っているデバイスが役に立てば、経済的にも助かり、周りの視線も気になりません。

米国でテレビゲームがADHDの子ども向け「デジタル薬」承認

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「何を見てるの?ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。