発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の私から。「本当の姿を見せられるかで大きな違い」

time 2021/09/09

この記事は約 4 分で読めます。

発達障害の私から。「本当の姿を見せられるかで大きな違い」

先週末に食事をしていたとき、たまたま隣のテーブルで交わされていた会話を耳にしました。
二人の若い男性がお酒を飲みながらおしゃべりをしていました。

「とても保守的なカトリックの両親 」にバイセクシャルであることをカミングアウトしたときの経験を話していました。

発達障害の人が10代、20代になると、障害のない同世代の人たちと同じように、デートやロマンチックな関係に興味を持つようになることがあります。

発達障害のある若者にとって、恋愛関係は同世代の人間関係に比べて理解や処理が難しいかもしれません。
しかし、だからといって彼らが恋愛関係を持たなかったり、考えなかったりするわけではありません。

親密な関係づくりは、感情や情緒などの抽象的な概念や、触ることや適切なアイコンタクトなどの感覚的な処理の問題に大きく依存するものです。
これらはすべて、発達障害のある人にとっては難しいことです。

私が恋愛関係について学んだのは、主に姉を見ていて、姉がボーイフレンド、婚約者、そして今の夫の周りでどのように振る舞うかを見ていたからです。
そして、姉の相手についても、姉に対してどう接するか、どう一緒に過ごすのかに注意していました。

私が10代の頃は、恋愛関係が存在することは知っていましたが、必ずしも理解していたわけではありません。

大学に入ってからは、同級生以外の人間関係が理解できるようになりました。
親に相談することもできたと思いますが、正直なところ、あまりしたくありませんでした。
他の若者たちと同じように対処したかったのです。

t1 発達障害の私から。「本当の姿を見せられるかで大きな違い」

ほとんどの場合、彼らは親に恋愛相談をすることはないと思っていました。
友達に相談するでしょう。
私もいい友達を見つけて、同じことをしようと決めました。
そうしました。少しずつですが、私もデートや恋愛関係の世界を理解するようになりました。

私が社会的スキルを身につけたときのことを人に説明するときは、一貫した社会的スキルのセラピーを受けて、ある意味、壊滅的な脳障害から回復したように感じたことを言います。

脳が知らなかったこと、少なくともうまくできなかったことができるようになったのです。
新しい言語を話すことを学び、話すだけでなく、理解することも学びました。
同僚やコミュニティの人々と、人生で初めて相互に影響し合う関係を築くことができました。
友人関係の世界については、まだよく理解できていないと思いますが、徐々に理解できるようになってきました。

発達障害のある若者は、かかえる違いから社会的孤立やいじめ、引きこもりなどの影響を受けやすい状態にあります。
なので、親や兄弟、臨床心理士など誰かと交際や恋愛関係などのテーマについて話し合うことをお勧めします。

米国では、自閉症の人でLGBTQと認識している人の割合は確定していませんが、自閉症でない人に比べて割合が高いことが研究で示唆されています。
また、自閉症の人は、一般の人に比べてトランスジェンダーである可能性が高いという研究結果もあります。

t2 発達障害の私から。「本当の姿を見せられるかで大きな違い」

私は、自分が友人たちとは違う人生を歩むことになるという考えを受け入れることが、当初は非常に困難でした。

自閉症の診断を受け入れることは、10代の若者にとって最も難しいことの一つです。
私も数年かかりました。
しかし、一度受け入れてしまえば、それからはずっと幸せになれました。

私たちは皆、人生で隠していることがあります。
ときには、それを公表して話すことを恐れてはいけません。

それがセクシュアリティの場合もあれば、障害の場合もあり、またその両方の場合もあります。

準備ができたら、誰かにカミングアウトして、自分を受け入れてくれるサポートネットワークを見つけることをお勧めします。
自分の本当の姿を見せることができるかどうかで、大きな違いが生まれます。

(出典:米The Herald-Times)(画像:Pixabay

誰にでも言いづらい、言えない、秘密にしていることはあると思います。

無理してカミングアウトする必要もないと思います。

そうできる相手、機会があればで。

自閉症と多様な性との関係性。英ケンブリッジ大学の研究結果

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「なんだかかっこいい、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。