発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい

time 2021/09/18

この記事は約 1 分で読めます。

自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい

米ネブラスカ州のある家族が、甘くてしょっぱいあるお菓子に情熱を注いでいます。

このお菓子が、自閉症スペクトラムの家族のひとり、オーウェンが生活していくのにも役立つこともわかってきたからです。

ワシントンオグリスビー家では、ポップコーンを作っています。

5年前から、「モカのキッチン」と名付けたトレーラーで、ポップコーンを販売してきました。

p2-1 自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい p3-1 自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい p4 自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい

始めたきっかけは、オーウェンが1歳のときに祖父が昔ながらのポップコーン製造機をプレゼントしてくれたことでした。

オーウェンはこう言います。

「ポップコーンは、私の生活を変える方法でした」

人口が341人の小さなこの町では、モカのキッチンはみんなが知っています。

今週末にここ地元で行われるイベントでもポップコーンを販売します。
そして、近いうちには実店舗をもちたいと考えています。

p7 自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい p8 自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい p9 自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい p5 自閉症の息子とのポップコーン販売。何でもできることを伝えたい

母親のカレンはこう言います。

「私たちのためにというよりも、子どもたちに向けてやっています。
一生懸命頑張れば、何でもできるということを他の子どもたちにも知ってほしいのです」

出典・画像:米1011NOW

親子で商売できたらいいですね。

うちの子は笑顔を提供します。

発達障害の子の家族が始めたポップコーン会社が雇用機会も作る

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「うれしいんだよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。