発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ハロウィンの衣装に着たい!自閉症の少年に贈られたプレゼント

time 2021/10/31

この記事は約 2 分で読めます。

ハロウィンの衣装に着たい!自閉症の少年に贈られたプレゼント

ハロウィーンでは多くの子どもたちが好きなアニメキャラクターの格好をします。
ある男の子は作業着を着てトリック・オア・トリートに参加します。

7歳のソーヤー・ブリッヒは「荷物を配達するから」と言います。

ソーヤーは自閉症をかかえています。

地元のドライバーがハロウィーンの衣装にと、特注のAmazon配送用の作業着をサプライズで用意してくれて、ソーヤーの夢が叶いました。

「小さな私たちの町で、息子のために大きなAmazonが大きなサプライズをしてくれたことは、すごく大きなことです」

そうソーヤーの父親のエリックは言います。

ソーヤーが今年のハロウィーンにアマゾンの社員の格好をしたいと願っていることを、手紙に書いて母親がamazonに送りました。
しかし、まさか返事をもらえるとは思っていませんでした。

「息子は小さなワゴンにアマゾンの箱を乗せて、お菓子をもらいに行こうと考えていました」

特別な贈り物が、ソーヤーに届けられるときには、近くの人たち数十人も集まっていました。

a3-2 ハロウィンの衣装に着たい!自閉症の少年に贈られたプレゼント
配達に来たホーキンスはこう言います。

「今日は夢を叶えてあげられました」

父親のエリックはこう言います。

「アマゾンのドライバーを見て、息子はとても喜んでいました。
息子が着たいと願っていた衣装は他にはありませんでしたから」

運送会社のマネージャーのマッケイサンはこう言います。

「子どもたちや特別支援を必要とする人たちは、私たちのチームにとって身近で大切な存在です。
これは、ソーヤー君だけでなくこの地域社会への恩返しです」

a1-2 ハロウィンの衣装に着たい!自閉症の少年に贈られたプレゼント

ソーヤーは、大きくなったら配達員になりたいと言っています。
ハロウィーン当日のことを、父親のエリックはこう言います。

「その日、ソーヤーはここで最も有名な配達人になるはずです」

(出典・画像:米nbc26

本当にすごくうれしかったはずです。親子ともども。

こうして、遠く離れたところでも紹介しているわけですから、ますますのブランド強化にもつながる素晴らしい神対応です。

高機能自閉症の女の子のAmazonプライム

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ハロウィンでもね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。