発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい

time 2022/05/05

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい

米フィラデルフィアのギャラリーで、カンベル・スミスの最新作が展示されています。

彼は、全米の人気の名所を、ダンボールを使って詳細に再現しています。
ニューヨークのウールワースビルの模型は、ギャラリーの中でカンベルよりも高くそびえ立っています。
制作には2ヶ月かかりました。

「休憩も取らず、かなりの時間を費やしました」

そう、カンベルは言います。

彼、弟のカンタイ、そして父親のロニーの3人が、自閉症の人たちは超人的な力を持っていると想像してもらいたいと考えています。

カンベルは、自分の超能力は、測ったりすることなく、サイズがわかることだといいます。

「空を飛んだり、フラッシュのように走ったりする能力はいりません。
ただ、平均以上の能力がある。
それが超人的な能力なんだ」

そう、父親のロニーは言います。

b3-2 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい b4-1 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい b5 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい

「カンベルはとても怒りっぽい少年でした。
私はそれをあまり認めませんでした。
しつけが必要だと考えてしまっていたからです」

カンベルは、その負のエネルギーを芸術の創作に向けました。
漫画のヒーローのスケッチから始まり、絵を描くようになりました。
そして、ダンボールを使った模型作りは、描く紙がなくなって始めたものでした。

「カンベルは、建物をよく見ることができ、建物の大きさもよくわかりました。
しかし、それの使い方がわかりませんでした。
カンベルはダンボールでその能力を生かして、創作を始めました」

b6 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい b8 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい b9 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい

家族の中で自閉症なのはカンベルだけではありません。
弟のカンタイも自閉症です。

そして、弟のカンタイの超人的な能力のひとつが、コンピュータのプログラミングです。
カンタイはゲームアプリやコンピュータアニメーションの映画まで作りました。

「時間はかかりました。
コツをつかんだので、やってみるとちょっと楽しかったです」

映画は、カンベルがアートに目覚めたころに作ったキャラクターがベースになっています。

「こんなことをやっていると、父に自慢したくなるんだ」

b2-2 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい b1-2 自閉症の兄弟と父はアートと技術で「能力」を知ってもらいたい

今、スーパー兄弟チームは最新鋭の技術センターで、バーチャルリアリティ・ゲームの世界に踏み込んでいます。
父親のロニーはこう言います。

「自閉症でも誰でも、一度バーチャルな世界に入れば、外の世界の気晴らしができ、ただ自分のしたいことをすることができます。
そのような環境で彼らを見ることができれば、予想しないようなことをするようになります。

父と兄弟は、世界をより良い場所にするために力を合わせています。

(出典・画像:米fox29

夢中になれることを徹底的に追求して、ますます兄弟でご活躍されること期待しています。

うれしくなります。

AppleのCEOもツイート。模型自動車の自閉症少年写真家

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「魔術師なのか、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。