発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」

time 2022/05/23

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」

NASCARで最も印象的なドライバーの一人が、テキサス・モーター・スピードウェイに登場しました。

第24回SpeedyCash.com 220には、何千人もの観客がスタンドに詰めかけます。

アルマーニ・ウィリアムズは米国内の多くのレースに参加していますが、テキサス州北部のトラックは初めてです。

「速く走りたいという気持ちだけです」

そうウィリアムズは言います。

速く走ることは、アルマーニ・ウィリアムズの生きがいです。
22歳のウィリアムズはNASCARのトラックドライバーです。
子どもの頃からレースに夢中にでした。
8歳ごろからレーストラックのドライバーになりたいと思うようになりました。

「母や父とキッチンカウンターやキッチンの床でおもちゃの車で遊び遊んでいました」

それが今では、本物の車をすごいスピードで運転しています。
ウィリアムズは、自閉症スペクトラムを公言する最初のNASCARドライバーです。

r7-1 自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」 r9-1 自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」 r4-1 自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」

ウィリアムズは米ミシガン州デトロイト出身で、昨年8月にNASCAR競技におけるスピードウェイライセンスを取得しました。

今回のレース出場は、スポンサーであり、レースパートナーのであるダグ・フルーティ自閉症財団のおかげで可能になっています。

r3-1 自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」 r5-1 自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」 r2-1 自閉症NASCARドライバー「できることをみんなに見せる」

ウィリアムズは、自閉症が彼の足を引っ張ることはないと、自閉症を持つ他の人たちが自分の夢を追求するために、ハンドルを握っていると言います。

「そのために必要なのは、逆境や障害にどう対処するかということです。
ベルトを締め、ヘルメットをかぶり、エンジンをかけて、サーキットを走り、自分ができることをみんなに見せられます」

(出典・画像:米wfaa

「できる」

ことを、これからも多くの人たちに見せていってください。

自閉症のチャンピオンレーサー「スピードはむしろ落ち着かせる」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「占ってるよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。