発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害青年が忘れない初めてのタッチ

time 2016/10/09

この記事は約 2 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害青年が忘れない初めてのタッチ

カメラに捉えられた感動が、たくさんの注目を集めました。
発達障害のこの若者にとって、決して忘れられない夜になりました。

フレッチャー・ペインは、オーチャード高校のアメリカンフットボールのチームに入っています。

フレッチャーは怖いもの知らずで、ダンスのような動きと強いつかみで知られています。

「息子は特別なんです。」
父親が言います。

「息子には、他の子がもつような攻撃的なところはありません。
むしろ愛らしいです。
世界中の誰にも代えがたい存在です。
自分らしくプレーをしてくれれば、それでいいんです。」

発達障害青年が忘れない初めてのタッチ f4-1024x767
チームのメンバーと一緒に、フレッチャーはボールをもってエンドゾーンに頭から飛び込みました。

「とても興奮しました!」
チームメイトが言います。

「自分が得点したときよりも、その10倍は興奮しました。

本当にうれしいです。

みんながフィールドに出てきて喜びました。
素晴らしい体験です。

みんな忘れられないはずです。」

発達障害青年が忘れない初めてのタッチ f5-1024x768

息子の最初のタッチダウンは、そばで見ていた父親にとって素晴らしい瞬間となりました。

「本当に興奮しました。うれしい!

コーチたちのおかげで、息子はタッチダウンができました。

子どもたちみんなが、息子を取り囲んでくれています。なんて素晴らしいこと。
涙が止まりません。」

相手のチームも含めて素晴らしい瞬間となりました。

「これは僕達にはたいしたことではないはずです。

しかし、彼にしてみたらそれは本当にすごいことです。

フレッチャーはあまり喜びを外に出しません。
けれど、すごくうれしそうです。

だから、チーム全体みんなうれしいです。」

とチームメイトが言います。

コーチのタニスはこう語りました。

「フィッチャーを試合に出そうと思っていたことは、他のコーチは知りませんでした。
そして試合に出しても、まさか点を取るとは思っていませんでした。」

発達障害青年が忘れない初めてのタッチ f6-1024x769

(出典・画像:米FOX17

 

まさか点をとって。良かったです!

期待を裏切りましょう。

好きなことを好きなようにしているのを見るだけで満足。

同感です。

(チャーリー)

 

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ