発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の若者が創造力とFacebookで稼ぐ

time 2016/10/19

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の若者が創造力とFacebookで稼ぐ

北テキサスの発達障害の若者が創造力とSNSの力で、一夜で起業家となりました。
17歳のガリソン・ホプキンスは、アートのベンチャー企業を、お金について学ぶ目的で始めました。

ガリソンの母親がFacebookに投稿して、家族全員でSNSのコミュニティについて理解を深めました。

「それには本当に情熱をもちました。息子はそれをずっとやっています。」

母親は言います。
父親は2012年にひき逃げに会い亡くなっています。

ホプキンスは動物が大好きです。

作り物も。

発達障害の若者が創造力とFacebookで稼ぐ s3-3-1024x768

ホプキンスは動物のぬいぐるみをコレクションしています。
そして、もっとコレクションを集めたいと考えていました。

母親は、ホプキンスの描く絵を売ってお金にすることを薦めました。

そして、「ガリソン・ザ・グレート・アートワーク」というFacebookページが生まれました。

「いいね!」をするような人たちが、お金を払ってホプキンスに絵を書いてもらいます。

発達障害の若者が創造力とFacebookで稼ぐ s9-1024x768 発達障害の若者が創造力とFacebookで稼ぐ s7-2-1024x768 発達障害の若者が創造力とFacebookで稼ぐ s6-2-1024x768

既にたくさんの注文が入っています。

前の先生、近くに住んでいる人、カナダに住んでいるような全く見知らぬ人が、ホプキンスの絵を購入しています。

多くの人が1ドル以上を払っています。

Facebookに動画を投稿してから、全てが始まりました。

絵を描くことは、ホプキンスの創造力を発揮させて、お金について学ぶことにもなっています。

発達障害の若者が創造力とFacebookで稼ぐ s2-1-1024x768

しかし、母親はもっと多くのものを手に入れました。

ホプキンスは何年もの間、人とやりとりをすることができず、苦労をしていました。
しかし、今はプライドをもって晴れやかに過ごしています。

「息子の母親として見ると、本当に信じられないことなんです。」

ホプキンスは最初の1日で、100以上の注文を受けました。

Garrison The Great Artwork

(出典・画像:米CBS DFW

 

ぬいぐるみを買い与え続けるのではなくて、

息子の作り出すものの価値がわかって、それをFacebookで後押しして、お金を稼いでそれで買いなさいと。

素晴らしいお母さんです。

永遠に買い与え続けることはできません。

魚を与えるよりも、魚の釣り方を教える。ですね。

こちらの話も母親が後押しをしたことで、子どもの力が発揮されました。

ナショナル・ジオグラフィックが選んだ男の子

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ