発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

大佐が見たいほどの模型を作る発達障害青年

time 2016/11/03

この記事は約 2 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
大佐が見たいほどの模型を作る発達障害青年

27歳の青年が、自分の手で作った装甲車の模型をゲージタウン基地の大佐に見せることになりました。
アーロン・ブーマは発達障害です。模型作りが何よりの趣味です。
ミリタリーのものが大好きです。
「発達障害だからできない。」という誤った考えを正したいとも思っています。

大佐が見たいほどの模型を作る発達障害青年 m2-1024x768

ブーマの家を見つけるのは簡単です。
軍で使われなくなった「対空砲」が、庭の芝生の上に備えてあります。

隣には、ブーマの小さなお店もあります。
そこで、ブーマが木で兵器の模型を作っています。

「ここには、僕が作った5つの、8輪軽装甲車があります。」

ブーマが指差します。

「木の板とビニールで、0から作ったものです。」

大佐が見たいほどの模型を作る発達障害青年 m4-1024x768

ブーマが作ったものを話はじめると、たくさんの軍事用語が出てきます。

M1919ブローニングマシンガン、第二次大戦時代のドイツのルガーピストル、1942ドイツマシンガン・・。

ブーマは発達障害であることが、この作ることに役立っていると信じています。
写真をみるだけで、模型のかたちをイメージすることができるといいます。

「見て、木を削り出します。最初に簡単な部品をつくります。それからメインボディを作って、続いていろいろな部品を作っていきます。写真で見たのと同じになるように。」

大佐が見たいほどの模型を作る発達障害青年 m3-1024x768

衝動的な強迫観念が、ブーマを邪魔することがあります。

「仕事をしたい、しなければならないと考えると、痛むように苦しくなります。」

ブーマは、発達障害について間違った考えを持っている、多くの人たちを撃墜できたといいます。
友だちや、家族がブーマのことを理解していることもあって。

ブーマは発達障害の家族によるグループの副会長をしているうえに、驚くべき男だとブーマの担任の先生であったリチャード・ブラキエルが言います。

ブーマの父親のピーター・ブーマは、ブーマには武器よりもガーデニングに興味をもってほしいと考えています。しかし、息子が好きなものを与えてしまいます。

「息子は、ミリタリーの世界に没頭して、店まで構えています。
しかし、他のことにも興味を持つようになるでしょう。ずっと偏っているわけではないのです。」

ブーマは今度、ダン・マクルサーク大佐に模型を見せます。

大佐が見たいほどの模型を作る発達障害青年 m5-1024x768

(出典・画像:カナダCBC

自宅に実物の対空砲まで置くなんてすごいですね。

そこまでするか。というくらいの惜しみない家族の支援があったこともあって、彼の能力が花開いているんでしょう。

私も結構好きです。対空砲も模型も見てみたいです。

 

もっている才能を映画作りに生かしている人たちもいます。

キャプテン・アメリカとアベンジャーズを支える才能

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ