発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害少年が欲したのはモノでなく経験

time 2017/01/03

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害少年が欲したのはモノでなく経験

ある男の子のサンタさんへのプレゼントのお願いは、ものではありませんでした。経験したいことをお願いしました。
発達障害の8歳の少年、ジャック・フォードのお願いリストにあるのは一つだけでした。
発達障害少年が欲したのはモノでなく経験 f4-1024x768

サンタさんに、米イリノイ州にある、グスタフソン家具寝具店に行きたいとお願いをしました。

グスタフソン家具店を経営する家族と従業員はその夢を実現しました。
ジャックの家族たちは、お店を訪れて楽しみました。

「息子の後について、息子がいろいろ見回っているのを見ていました。お店の人たちはみなよくしてくれました。
本当に素晴らしいものでした。私たちは本当に感謝しています。」

ジャックの母親はそう語ります。

ジャックがグスタフソン家具寝具店が大好きになったのは、テレビコマーシャルとその音楽のためです。

「ずっと、家のテレビで流れています。
息子はそのコマーシャルソングを歌うのが大好きです。
息子は本当に、ここに来たかったのです。」

発達障害少年が欲したのはモノでなく経験 f6-1024x768 発達障害少年が欲したのはモノでなく経験 f1-2-1024x768

ジャックは何も欲しがりませんでした。
そこで、お店はグスタフソン家具寝具店のシャツにジャックも名前を記したものを贈りました。

お店の人たちに、ジャックは決して忘れることのない感謝のしぐさを見せました。

ジャックが学校で、サンタさんへのお願いについて話した後に、
学校の先生がジャックの両親に、お店に電話をしてみるように言ったことで、この訪問が実現しました。

発達障害少年が欲したのはモノでなく経験 f3-1024x768

(出典・画像:米KWCH12

たくさんの人も応援した経験であれば、それは本当に忘れない、ますます価値あるプレゼントであったと思います。

いい大人になった私でも、うれしかった記憶に残るのは、ものではなく、ことが多いです。

もらってうれしかった「もの」でも、ものそのものよりも、それにまつわる経験や心が記憶に残ります。

そんな、ことを子どもにもたくさんあげたいですね。

 

飛行機に乗れない発達障害息子と米国横断旅

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ