発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大

time 2022/07/09

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大

自閉症の従業員を中心に雇用する先駆的な企業であるライジングタイド・カーウォッシュは、米フロリダ州コーラルスプリングスに新店舗をオープンします。

この施設は、同社にとって3番目の店舗です。
この新しい洗車場で、すでに地域の自閉症の人たち25名を雇用しました。

共同創業者のジョン・デリとトム・デリの親子は、

「自閉症の人を雇用するための拡張性のあるソリューションを創る」

ことを目指して、洗車チェーンを立ち上げました。

c4 自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大 c2 自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大

ジョンの息子であり、トムの弟である自閉症のアンドリューが、自分の居場所を見つけるのに苦労しているのを目の当たりにしたことが、ライジングタイド・カーウォッシュ社を始めるきっかけとなりました。

「南フロリダで成長し続け、自閉症の人たちに雇用の機会を提供できることを嬉しく思います。
この3店舗目は、働く人の100パーセントが発達障害の人の店舗です。

自閉症の若者が自分の能力に気づき、自信を持ち、経済的に自立し、友人を作る機会を提供すると同時に、地域社会に一流の洗車サービスを提供します」

同社によると、この店舗は、自閉症やその他発達障害をかかえる従業員のみによって運営される初の営利事業です。

洗車場は毎日午前8時から午後7時まで営業しています。
最新鋭の設備を備え、2つのドライブスルーレーンと17の無料セルフサービスステーションを提供します。

c8 自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大 c7 自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大 c5 自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大 c6 自閉症、発達障害の人たちによる洗車サービス事業がさらに拡大

サービス料金は8ドルから25ドルです。

米国では、自閉症の人の失業率は約85パーセントとなっています。
2013年から事業を始めたライジングタイド・カーウォッシュ社は、全米で最も多くの自閉症の人を雇用している企業の1つとなりました。
これまでに170人以上の自閉症の人を雇用し、新店舗の25名の自閉症の人を加えると、現在100人の自閉症の人が働いています。

(出典:米Coral Springs Talk)(画像:YouTube

これまでに多くの自閉症、発達障害の方を雇用し、さらに3店舗目をオープン。

営利事業をここまでにして、すごいです。尊敬します。

「気の毒だから」に頼らない。自閉症の人たちの洗車ビジネス

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「びっくりしたよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。