発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子の恐怖が優しさで楽しい経験に

time 2017/01/07

発達障害の子の恐怖が優しさで楽しい経験に

発達障害の子の母親は、理容師さんへの感謝を伝えています。
その理容師さんは、子どもが気持ちよくできるように、床に一緒に座って髪を切ってくれました。
米ウエストバージニア州に住む母親のジェニファー・マッカファティは、4歳の息子のイザイヤの髪を切る時に、いつも苦労をしていました。
イザイヤは耳のそばに何かあることをとても嫌うのです。ヘアクリップの音でも。

ジェニファーは、チャールストンにある理髪店に入ったものの、息子の髪を切るのは難しいだろうと半ばあきらめていました。

「このお店にいた、女性の理容師のカイランは、私の想像を超えることをしてくれました。」
このコメントとともに、カイランとイザイヤが一緒に座って髪を切る写真をFacebookに12/29に投稿したところ、反響を呼び27000を超えるシェアをされています。

発達障害の子の恐怖が優しさで楽しい経験に h1-1024x768

ジェニファーのFacebookページ

「息子のイザイアの髪を切るのは本当に大変なのです。
息子は、耳の近くに何かあると嫌がります。ヘアクリップの音がするだけでもだめなのです。
しかし、この時はいつもと違いました。
私は、半ばあきらめてお願いをしたのですが、
彼女は全くそうではありませんでした。

彼女は私の息子を膝の上に座らせて、髪を切りはじめました。

髪を切っている間、カイランはイザイヤとクリスマスやまんがのキャラクターの話をしました。
息子に、霧吹きをもたせて遊ばせたりしてくれました。

発達障害で、とても大変なことがあります。
しかし、こうした人がいてくれると、少し楽な気持ちになります。」

息子のカイランのこの写真をFacebookに投稿をして、世界中の人に見てもらえることは、発達障害や他の障害について、みんなが話をする機会になったと、母親は言います。

「カイランは私の息子をふつうにしてくれました。
自閉症やその他の感覚障害がある人にとって、それはいつもできることではありません。

理容師のカイランは、イザイヤがたびたび恐怖さえ感じるヘアカットを楽しい経験にしてくれました。

それは特別支援を必要とする子を持つ親が、いつもそうなってほしいと願っていることです。
言葉が見つからないほど、うれしことです。

この小さな、親切なできごとが世界中の人に伝わっています。
みんなが何か思ってくれるはずです。

この親切なできごとが世界中に伝わり、自閉症や他の紹介について話をする機会になるかもしれません。
きっとそうなります。それはとても重要なことだと思います。」

発達障害の子の恐怖が優しさで楽しい経験に h2-1024x768

(出典:英Mail Online)(画像:Facebook)

こういう人がいるとうれしくなります。

そして、自分もそうありたいと思います。

イギリスにも、たくさん感謝をされている理容師さんがいました。

発達障害の子どもをためらわずに連れていける理髪店

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。