発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

いじめ許さない。発達障害の子が生んだ超人

time 2017/05/07

いじめ許さない。発達障害の子が生んだ超人

スーパーヒーローといえば、人々を救ったり、世界を終わりにしようとしている悪の企てを阻止するものです。
しかし、新しいヒーローが誕生しました。
他のヒーローに比べれば、すごくはありません。
しかし、そのヒーローが闘う敵は少なくありません。
学校でのいじめです。

少年は、キャプテンスペクトラムを心に宿しています。

米テネシー州にある高校では、600人を超える生徒たちがいます。

新入生のクリストファー・ミラーは、ディフェンド・ビー・フレンド(友だちを守る)クラブをつくりました。
クリストファーは、自閉症スペクトラムです。

中学校で長い間、恐怖を経験してきた経験からつくったクラブです。

「僕の食べているものや、僕につばを吐きかけられることもありました。
トイレで蹴られたり、打たれることもありました。
トイレの個室で、教室に戻らなければならない時間まで、泣いていました。
ずっと我慢をしてきました。」

そうクリストファーは語ります。

クリストファーは内気で静かな性格です。自殺も考えました。
12歳の頃には、6ヶ月の間に2回試みました。

「次に考えたのは、病院に入院することでした。」

母のクリスタルが語ります。

「その時に、息子に起きている全てのことがわかりました。なんて言っていいかわかりませんでした。」
「どうしようもない。」そうクリストファーは答えたそうです。

病院で、キャプテンスペクトラムが誕生しました。
いじめを行う子どもに立ち向かい、自閉症スペクトラムについて伝え、人を思いやる心を教えるスーパーヒーローが頭にうかびました。

ナッシュビルで開催されたウィザード・ワールド・コミコンでクリストファーは、キャプテンスペクトラムを初お披露目させました。
そこで、イラストレーターのアーロン・ランバートと出会いました。

「緑色の手作りのスーパーヒーローのコスチュームを着て、歩き回っていた少年を見かけたんです。」

ランバートがキャプテンスペクトラムのデザインをすると、ふたりはすぐに友だちになりました。
このデザイン画は、このスーパーヒーローのFacebookページのプロフィール画像に使われています。

「クリストファーが私に言いに来ました。
私の出展ブースから、私の絵を盗もうとしている人がいると。
しかし、キャプテンスペクトラムがそれをさせませんでした。
そして、盗もうとしていた人は、コミコンの運営の人たちに連れて行かれました。
クリストファーの勇気ある行動をクールだと思いました。」

そうランバートが言います。

いじめ許さない。発達障害の子が生んだ超人 c2

キャプテンスペクトラムを支援しているのは、ランバートだけではありません。
Facebookページには、1735名のファンがいます。
全米からの応援メッセージを受け取っています。

セデリック・パターソンもファンの一人です。
32歳で二分脊椎症、水頭症です。

子どものころはいじめられました。キャプテンスペクトラムが子どもの頃にいてくれたら、変えてくれたはずだと言います。

「私も、そういう存在を持ちたかったです。
キャプテンスペクトラムが、私が我慢をしてた時にいてくれていれば、私も少し違ったはずです。」

そうパターソンは言います。
ソーシャルメディアで、パターソンのこの言葉に多くの反響がありました。

そして今、パターソンは小学校の教室で発達障害やいじめについて話をする、緑色のコスチュームのキャプテンスペクトラムになっています。

キャプテンスペクトラムの人気がどんどんあがってきていても、クリストファーは将来をたずねられると、魚の知識を持った公園の管理者になりたいといいます。

しかし、家族はクリストファーやキャプテンスペクトラムがこの先、コスチュームがかっこよくなったり、子供向けの本やまんがになるかもしれないと考えています。

キャプテンスペクラムの「ディフェンド・ビー・フレンド!」という声が、近いうちに聞けるかもしれません。

いじめ許さない。発達障害の子が生んだ超人 c4

(出典:米wkms)(画像:米gofundme

いじめは本当に許せません。

いじめはなくならない、なくせない。

そう言う人がいます。いじめというのを広く考えすぎなのだと思います。

少なくとも、つばをかける、蹴る、打つ、これらは暴行罪、傷害罪で大人がすればただではすみません。

こうなると教育期間中だから、未成年だからという理由で、ほんの少しでも見逃していいものではありません。

学校教育だけでそれをなくすのは理想、幻想でした。その幻想に委ねた怠慢で、これまでに多くの子どもたちがひどい時間を過ごしています。時間を過ごすのを断った子どももいます。そしてニュースでそれが報道されます。もう何十年もこうだと思います。

明らかな違法行為はどんどん取り締まればいいと思います。

私は小学生の頃から、学校内に交番があればよいと思っていました。

いじめられたことで、人生が変わってしまったと思う人がいます。

大人になった今、親になった今、私はますますその必要性を感じます。

(チャーリー)

 

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。