発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害者へのいじめをコミックで撲滅

time 2017/01/04

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害者へのいじめをコミックで撲滅

若いアーティストたちと、障害のある方がチームを組んで、いじめに対する取り組みを行っています。

「障害に向き合い犯罪を許さない」コミックは、ダンディー・コミックス・クリエイティブ・スペース(DCCS)と、障害者支援団体により作られました。
そのコミックのそれぞれの話は、障害や発達障害がある人が直面したいじめ、強迫、虐待にまつわるものです。
伝えることで、社会からの支援を求めようとするものです。
特に話題になったものは、実際にいじめにあった人の経験です。
車椅子に乗った女性は若者のギャングに強盗にあいました。
耳の聴こえない男性は、テキストメッセージでいじめにあいました。
発達障害の男性は、職場でいじめにあいました。

障害のある人と、障害のある人と毎日を一緒に過ごし支援をしている人たちが一緒になってこのコミックを作っています。

発達障害者へのいじめをコミックで撲滅 c2-1024x768

「このコミックの話のいくつかは、支援者が思いついたものです。」
支援団体のカリーナ・ミッチェルが言います。

「ストーリー、絵、全ては、障害者と支援者のコラボレーションによって生まれています。
これはコミックです。
しかし、実際に経験したことがもとになっています。

私たちが行った、すばらしい活動の成果です。」

DCCSのコーディネーターのデイモン・ハードが言います。

「私たちからは、漫画家とストリー作りを支援する者が参加し、協力をしました。
このコミックが、人々に役立つことを願っています。」

このコミックは、学校や図書館に配布されました。

(出典・画像:英EVENING TELEGRAPH

 

いじめ、犯罪、許しません。

撲滅への取り組み、非難できる機会、場所を設ける取り組み、どちらも重要です。

素晴らしい取り組みです。

 

いじめを経験した発達障害の子が伝える動画

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ