発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人が最もストレスの多い年末年始の時期を過ごすために

time 2023/12/01

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の人が最もストレスの多い年末年始の時期を過ごすために

どのような信仰や文化を持っていても、年末年始のこの時期は多くの場合、何らかの文化的なお祭り事が行われます。

自閉症の人にとっては、一年で最もストレスの多い時期かもしれません。
ストレスや疲労を最小限に抑えるための戦略を立てることが役立ちます。
次のポイントが手助けになるはずです。

1.社交バランスを見つける。
社交は自閉症の大人にとって非常に難しいことがありますが、多くの祭り事は避けがたく社交を伴います。
避けることができない状況もあるでしょう。

しかし、社交する時間を減らしたり、その影響を和らげる方法があるかもしれません。
たとえば、職場のパーティをパスすることはできませんか?
義理の両親との滞在時間を短縮できませんか?

大切なのは、精神的にも身体的にも健康を保てるバランスを見つけることです。
自閉症の人は物事を白黒はっきりと捉えがちですが、社交する量に妥協を見つけることでストレスを軽減できます。

落ち着くのに役立つこと、例えば散歩に出かけること、本を読むこと、お気に入りの趣味に没頭することを見つけてください。
他の人に自分が一時的に休息を必要としていることを伝えることで、彼らとの時間も楽しむことができるでしょう。

blank2.感覚の乱れに備える。
一部の自閉症の人は、装飾や音楽、食べ物など、ほとんどの祭り事の特徴となるものの感覚的な影響を非常に苦痛に感じることがあります。(一方で、感覚を求める自閉症の人もおり、上記のすべてを大変楽しんでいます)

リビングが壁や床に散らばっているごちゃごちゃで住みにくい場合、占領されないスペースを一つ確保することはできませんか?
事前に計画を立て、たとえば寝室をきれいにし、快適なアイテムをいくつか購入し、プレゼントや装飾品、ティンセルの切れ端などが入り込まないようにすることが役立ちます。

家の外では、いつもであれば管理可能なものが恐ろしいものに感じられることがあります。
混雑した電車やショッピングセンター、ドアから人があふれ出るカフェなどは快適ではないでしょう。

とくに12月は他の月とは異なると受け入れることが出発点です。
それによって、いつもとは違う方法で生活を整理することができます。
この時期に感覚過負荷を引き起こす場合、普段行っていることを少し休んでみることを考えてみてください。
買い物について、配達してもらうことはできませんか?

blank3.ルーチンを維持する。
お祭り期間中にルーチンが乱れることは、最悪の事態の一つです。
誰かがあなたの家に滞在したり、あなたが誰かの家に滞在したり、祝祭や社交イベントに参加することは、変化や混乱がこれまで以上に一般的な時期です。
しかし、定型発達の人にとっては、決まった時間に運動したり、仕事をしたり、家を掃除することができないほどの影響がどれほど大きいか理解しにくいかもしれません。

一部の人々にとっては、可能な限り通常のルーチンの一部を維持することが役立つことがあります。
瞑想、散歩、お気に入りの番組を見る、音楽を聴くなどの時間を取ることができれば、とくにいつもの時間にそれを行うことができれば、混乱の中でもコントロール感を持つのに役立つかもしれません。

また、混乱の最中に「スペース」を作ることも役立ちます。
たとえば、どこかにいても、それは2日間しかいないことを自分に思い出させたり、いつものルーチンが週末に乱れても、その後に通常に戻ることができると思うことで、一時的な変化に対処するのに役立つかもしれません。

blank
4.罪悪感を捨てる。
「ノリについて来ていない」そう非難されることがあるかもしれません。
自閉症である場合、お祭り期間の特定の側面を楽しむことができないかもしれません。
これは選んだことではなく、自分のニーズに応えようとしてわざと面倒なことをしたり、要求が多かったり、ドラマチックになったりしているわけではありません。

5.サポートを求める。
この時期がいかに困難かを理解する人はすべてではありません。
しかし、あなたに最も近い人々にオープンになることを選ぶなら、彼らにはあなたが言っていることを聞いてほしいものです。
たとえば、パートナーに、彼らの両親の家に一週間滞在することは次の月に影響を及ぼすと説明し、数日間だけなら会うことを好むと伝えたら、重要なことであると認識し注意深く聞いてもらうことが必要です。

自閉症であることを誰に、どのように共有するかはあなた次第ですが、安心できると感じる人たちと共有し、彼らの認識とサポートを求めることは大きな違いをもたらすかもしれません。

blank

6.自分の好きなことに焦点を当てましょう。
この時期はストレスが多いので、10月に入るとこれからの数ヶ月どれだけ大変になるか心配し始めることもあるでしょう。
とくに過去に良くない祝祭日の経験があった場合はなおさらです。
しかし、祝祭日の混乱の中にも、あなたが楽しめることがあるかもしれません。

カードを作ること、映画を観ること、寒い中を出歩くこと、普段は食べない食べ物や飲み物を試すことなど、楽しめることはありませんか?
他の人と一緒にする必要はありませんが、この時期には、気づきにくいけれどもとても充実した経験ができることもあります。
それらを試してみることで、扱いにくいこととのバランスを取る助けになるかもしれません。

7.あなたが一人じゃないことを知ってください。
祝祭期間を困難に感じる人は少なくありません。
その中には、喪失、病気、または経済的困難を経験している人もいます。
祝祭期間に苦労する自閉症の人はめずらしくありません。

あなたの苦労を最も身近な人が理解してくれなくても、理解してくれる人はいます。
他の自閉症の人との接触を図ることが役立つことがありますし、何らかの理由でこの時期を苦しんでいる他の人々とのつながりも同様です。

(出典:米Psychology Today)(画像:たーとるうぃず)

年末年始、誰にとっても面倒くさいこともあるはずです。

ムリはしない。

そうしましょう。

自閉症の子が起こしてしまうパニック。親への対処アドバイス

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。