発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ディスカリキュリア(算数障害)は、ぱっと見ていくつ?にも困難

time 2024/01/19

この記事は約 6 分で読めます。

ディスカリキュリア(算数障害)は、ぱっと見ていくつ?にも困難

目で見てすぐに何個あるかを感じ取る能力、それが「サビタイジング」です。

たとえば、誰かが3本の指を見せたら、すぐに「3」と分かります。
しかし、目の前にいくつかのオレンジが置かれたら、たとえば5つ以上だったら、どうでしょうか?

「7個くらい?」

5つ以上のアイテムを見たときには、私たちの推定はより混乱し、不正確になります。
神経精神科医のマディハ・カーンはこう説明します。

「サビタイジングとは、小さなグループのアイテムの数を一目で知覚することを指します。
これには知覚的な側面があり、それはアイテムのグループの数を視覚的に識別する能力を意味します。
また、特定の配置のパターンを理解することによって数を知る、概念的な側面もあります。
たとえば、子どもがサイコロを振り、2と3が出たことから合わせて5つの点があると知るような場合です」

blank

幼児期から、子どもたちはサビタイジングを学び、10までの数字に関する理解を深めます。
この能力は、数字がどのように構成されるかをより明確に理解するため、幼児期に育てるべき重要なスキルです。

サビタイジングと数えることに関わる特定のニューロンが存在します。
5未満の数字を知覚するための神経メカニズムはより鋭く、正確です。
しかし、より大きな数字の場合、ニューロンはあまり正確な処理方法を持っていません。

たとえば、4人ほどの人々が集まる家族の写真を見せられた場合、数える時間がなくても、すぐに「4人」と答えられます。
しかし、もっと多くの人がいる家族の集まりの写真を見せられ、推測を求められた場合には、時間がかかるかもしれません。
ほぼ正解ですが、実際には8人いるのを「7人」と答えてしまうこともあるでしょう。

blank

このように、少ない場合には有効なサビタイジングは、5つ以上の要素がある場合には変化します。

“Nature Human Behaviour”に掲載された、2023年の最近の研究”Distinct neuronal representation of small and large numbers in the human medial temporal lobe”によると、研究グループは数年前に、脳には10までの各数字に対応する神経細胞が存在することを実証しました。

たとえば、あるニューロンは主に2つの要素に、別のニューロンは4つの要素に、さらに別のニューロンは7つの要素に反応します。

しかし、主任研究者が説明するように、ニューロンは数のわずかな変化に反応します。

たとえば、「7つの要素」の脳細胞は、6つや8つの要素に対しても反応しますが、その反応はやや弱くなります。
5つや9つの要素に対してはさらに弱くなります。

blank

一方で、3つに対する脳細胞が活性化すると、2つや4つの数字に対する脳細胞の反応が抑制されます。
このために、これらの細胞が誤って3の数字に反応するリスクが減少すると、研究は説明しています。

このメカニズムは、5、6、8の数字に対して活性化されるニューロンには存在しません。
その結果、これらの数字では誤差率が高くなります。

この研究では、ドイツのボン大学病院でてんかん治療のために脳手術を受ける準備をしている17人の患者を募集しました。
治療の一環として、患者の脳にはマイクロエレクトロードが挿入されました。

「私たちはそれを使用して、個々の神経細胞が視覚刺激に対する反応を測定することができました」

そう、研究を行った博士課程のエステル・クッターは説明しています。

参加者は、半秒間にさまざまな数の点が表示されるコンピューターの画面をました。
その後、研究者は被験者に、見た点が奇数か偶数かを尋ねました。
被験者は4つまでの点については迅速かつ正確に答え、ほとんど間違いを犯しませんでした。

blank

しかし、点が5つ以上になると、エラーと反応時間が増加することがわかりました。
この研究は、人間の脳の新しい興味深い動作を明らかにし、数字の処理方法の新たな詳細を示しています。
また、ニューロンの活動に基づいて、なぜ一部の人々が数字に苦労するのかをある程度説明しています。

しかし、とくに算数障害(ディスカリキュリア)の理解には、さらなる研究が必要です。
この障害は、数字や数字関連の概念を理解するのが難しい発達障害です。

誰かが「読み書きが苦手」と言うと、すぐに心配の声が上がります。
それはディスレクシア(識字障害)と思うからかもしれません。

一方で「数学が苦手」と言う人は、数学を嫌う人たちと同じように扱われます。

しかし、神経科医レイチェル・タイソンによると、これは時にディスカリキュリアを示している可能性があります。
これはしばしば診断されない状態です。

blank「数学が苦手」というだけの問題ではありません。
ディスカリキュリアのある人は、とても少ない数でさえサビタイジングができないのです」

カーンは次のように説明します。

「算数障害は、算数スキルの通常の獲得を妨げる学習障害です。
この障害の影響を受ける人々は、数字の処理に持続的な困難を示し、それは脳の構造と機能の変化に関連しています」

カーンは、研究によると、数を量ることに関わる脳の領域である頭頂皮質、特に内側頭頂溝の灰白質が減少していることを示していると付け加えます。
影響を受ける脳の他の領域には、前頭葉と後頭側頭葉が含まれます。

これらの構造上の違いは、算数障害を持つ個人の脳において、数学スキルと数字処理に長期的な問題を引き起こし、これらの個人の教育や職業上の取り組みを制限する可能性があります。

blank

ディスカリキュリアのある人はたった3つの要素をサビタイジングすることすら困難です。

数値の量を特定し、どちらが大きいかを見分けることができません。
数感覚は貧弱であり、それは彼らが一緒に組み合わせることができる数字を分割することができないことを示しています。
さらに、数学において関連付けや予測を行うことが困難です。
しかし、これは認知能力や空間推理の困難を示すものではありません。

「小さなグループの中にどれだけのオブジェクトがあるかを子どもが言い当てることができない場合、それはディスカリキュリアの兆候かもしれません。
この障害は長い間診断されないことが多く、親は子どもが成長すれば、できるようになるだろうと考えがちです」

サビタイジングはディスカリキュリアの主要な困難の一つです。

私たちが心の中で数を空間的に認識することを部分的に可能にするとても重要な、数学に関わるスキルと考えられます。
神経心理学者、カーラ・カリールは次のように付け加えます。

「幸いなことに、これまでの研究によれば、視覚空間能力の訓練と同様に、このスキルも今や訓練することができることが示されています」

(出典:UAE GULF NEWS)(画像:たーとるうぃず)

少なければ、パッと見ていくつかわかります。

たしかにそれは、数字の世界において、基礎的なスキルとなりそうです。

そこから困難をかかえられていることを知れば、計算障害(ディスカリキュリア)をかかえている方の困難の一端が想像できるはずです。

数を理解するのが難しい。「ディスカリキュリア」算数障害

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。