発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少女が自宅で学び人工知能の開発

time 2017/07/18

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の少女が自宅で学び人工知能の開発

自宅学習を1年間行わなければならなかった発達障害の13歳の少女が、自分で人工知能を作り出しました。
カーリー・ローラーは、AppleのSiriやAmazonのAlexaのような仮想アシスタントを1週間で作ってしまいました。
カーリーの両親は、カーリーの症状についての理解不足のために学校での居場所がないと言います。
1週間でこんなものを開発できてしまうカーリーであるのに、信じられないようなことです。
「私たち家族はカーリーを誇りに思っていますが、くじけることも多いです。
カーリーは、言葉を話すことなどについては、手厚い教育を受ける必要があります。
発達障害だということで、多くの困難があります。」
そう父親のブレットは言います。
カーリーは通常の学校の生徒でしたが、11歳のときに発達障害と診断をされて、学校生活は大きく変わってしまいました。
それは進学に向けての準備期間にあったことです。
発達障害だと診断されたカーリーはいくつかの学校の活動に参加することができませんでした。
カーリーの両親たちは、この学校をやめ新たな学校を見つけることを決意しました。
「カーリーが直面している問題は、発達障害についての理解不足です。
カーリーは、学習、行動、コミュニケーション、恐怖症それらの問題は全くありません。
しかし発達障害の人について、ステレオタイプ的に困難をかかえる人だとこれまでに話をしてきた学校は考えていました。
きちんと、カーリーという人について見ることなく、拒否するのです。
カーリーは、また学校に行って学びたいだけなのです。」
カーリーの家を訪問した教育関係者たちは、英国の大学進学に必要な試験を受ける準備はカーリーにできていると判断しています。
a2-1 発達障害の少女が自宅で学び人工知能の開発
カーリーは英語、数学、科学について優秀な成績です。そして驚くような発明もします。
本を数冊購入すると、カーリーはあっという間にプログラミングを覚え、数日程度で大きく上達しました。
1週間程度で、実用的なプロトタイプを開発をしたことには驚きです。
カーリーが作ったパーソナルアシスタントはAppleのSiriと同じように反応します。
ふつうに質問をすると、気の利いた反応をとり素晴らしいものです。
「カーリーは、これをもっとすごいものにしたいと考えています。
このパーソナルアシスタントで、認知症の患者を助けることができるのではないかと感じています。
実際、カーリーはこれを実現しようと前に進んでいます。
うれしく感謝したくなります。
カーリーはこの分野の人や企業と関係を作って学びたいと考えています。」
そう父親は語りました。
(出典・画像:英itv
壊れてしまうくらいの無理が必要なら、当然、学校に行かなくてよいと思います。
学校でなくても教育、学ぶことはできます。
そして、将来も全く諦める必要はないと思います。
いざとなったら、こうして力強く支えたいですね。
 
発達障害者が新たな価値を作ると天才は言う

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。