発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

ラジオ局に飛び込みDJになった発達障害青年

time 2017/07/28

ラジオ局に飛び込みDJになった発達障害青年

ラジオ局WLAFは、64年間にわたって、米テネシー州キャンベル郡の小さな町の人々に支持されています。

ある若者がずっとラジオを聴いていました。そして自分も話をしたいと思っていました。
発達障害のデリック・リー・アンダーソンは17年前、高校で校内放送をしていました。
そのこともあって、ラジオ放送もしてみたいと思っていたのです。

そして、32歳になった今、アンダーソンは夢を実現しました。
毎週、月曜日と金曜日WLAFラジオで番組を放送しています。

4年前、アンダーソンはWLAFのオーナーのジム・フリーマンのところに仕事をしたいと訪れました。

「アンダーソンはこう言ったんです。

「私はデリック・リー・アンダーソンです。
昨晩、教会にいたときに、いい声をしているねとほめられました。
なので、ラジオ局のあなたに会う必要があると思ったんです。」

私は、ぶったまげました。」

そうフリーマンは言います。

ラジオ局に飛び込みDJになった発達障害青年 r3-1-1024x768

「すると、僕はフリーマンのオフィスの中に呼んでもらえて、ラジオ局の中をいろいろ見学させてもらいました。」

アンダーソンがそう続けます。

アンダーソンはラジオ局で働き始めました。
DJブースの放送音響機器の操作方法を学びました。
高機能自閉症のアンダーソンにとって、それは難しいものではありませんでした。

問題なのは、1対1で人とコミュニケーションをとることです。

「アンダーソンは、人に電話をかけたり、会話を続けたりすることは苦手です。」

フリーマンはアンダーソンにDJとしてラジオ放送をする機会を与えてみることにました。

「マイクの前に座ると、まるでアンダーソンはDJのために生まれたかのようでした。」

フリーマンは驚きました。

「素晴らしい声をしています。素晴らしい存在です。
言葉も完璧です。」

一時間後には、毎週2回、アンダーソンがDJとなり放送することが決まりました。

ラジオ局に飛び込みDJになった発達障害青年 r1-1-1024x768

「初めて、私がそのことを聞いたときには、涙が出ました。
本当におめでとうと心から思いました。」

アンダーソンの母親のベティはそう言います。

「放送を聴いた時、アンダーソンではないと思いました。
とても堂々とした声で、完璧に行っていました。」

長年の友人のブレント・マクニーリも言います。

アンダーソンのDJに驚かなかったのは、アンダーソンだけでした。
アンダーソンはこう言います。

「私がうまくいっているのは、私がラジオ向きの声をもっていたからです。」

(出典・画像:米WATE.COM

ご本人もラジオ局もいろいろ破天荒で、なんだか元気に楽しくなる話です。

こういうことが起きる世界もあるのです。

決められたことばかりで窮屈になりがちな世界だけではないのです。

 

発達障害青年が発達障害者にやさしい劇を作る

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。