発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

目も不自由な発達障害の女の子が音楽で輝く

time 2017/08/14

目も不自由な発達障害の女の子が音楽で輝く

楽譜を見たり、書いたりすることができない17歳の発達障害の女の子が素晴らしい歌声でファンを魅了しています。

12歳のときに発達障害と診断されたアシュリー・ファガンは目も不自由です。
しかし耳で聴き、楽器を演奏したり、歌うことの妨げにはなりませんでした。

「音楽は私を本当に幸せにしてくれます。
そして、私の音楽がほかの人たちの気持ちを良くしているのなら、それは本当に素晴らしいことです。」

そうアシュリーは語ります。

目も不自由な発達障害の女の子が音楽で輝く m3-1024x768

アシュリーの母親のリズは、2年前に娘の才能を友だちに伝えるためのFacebookページを作りました。
どんどんそのページは人気となり、今は15000人以上のフォロワーがいます。

アシュリーが幼かった頃に、音楽がアシュリーを変えてくれることがわかったとリズは語ります。

「アシュリーが幼かった頃、私はいつも眠りにつくように音楽を演奏しました。
そして、カシオの電子ピアノをプレゼントしました。
娘は自分の演奏をまねるようになりました。
音楽を通じて、話す方法を探しているようでした。娘が始めたコミュいケーションのための方法です。
今は、テレビで音楽を聴いて、それをコピーします。」

目も不自由な発達障害の女の子が音楽で輝く m7-1024x768 目も不自由な発達障害の女の子が音楽で輝く m4-1024x768

アシュリーはアイルランドのダブリンにある自分の家の部屋で、練習を続けています。
まだ、ライプを行う勇気はありませんが、アシュリーの力強い音楽にたくさんの支持が集まっています。

「歌は何度も何度も歌って練習するので、数週間の時間がかかります。」

アシュリーはいつか、大ファンのアイドル、エド・シーランに会いたいと言います。

目も不自由な発達障害の女の子が音楽で輝く m6-1024x768

「エド・シーランといつか一緒に歌いたいです。
私は、丘の上の城という曲が大好きです。
何度も何度もそれを聴いています。ギターで弾くこともできます。」

ティーンエイジャーらしくアシュリーはそう語っています。

(出典・画像:英INSIDE edition

親子で好きなこと、得意なことが見つかって、さらにその上、SNSを通じてたくさんファンができるなんて、こんなにうれしいことはないはずです。

そんなふうにいつかなれるかもしれません。

好きなこと、得意なこと一緒に見つけましょう。

 

発達障害少女の歌うハレルヤが世界に広がる

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。