発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子と父の自転車旅に応援が集まる

time 2017/09/03

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子と父の自転車旅に応援が集まる

9歳のジェームズ・ポトビンはすでに有名人になっていました。
消防士や警察官、地元の政治家も応援にかけつけるなか、ゴールしました。

ジェームズと父親のクリスは、カナダの首都オタワに着くまで400Km以上の自転車の旅を続けてきました。
オタワには幼いジェームズが行こうと決めた、大きなギバー公園があります。

この旅で、ジェームズとクリスは、発達障害についての啓蒙と募金の活動を行いました。

ジェームズは発達障害です。
ジェームズとクリスの二人は、特別支援が必要な子どもたちの施設、グランドビュー子どもセンターに募金をしようと決めました。

クリスの話では、そのセンターは現在資金難であり、3000人の子どもたちが待機中です。

二人の募金額の目標は1500ドル(約16万円)でしたが、募金サイトを通じて、5200ドル(約57万円)以上集まりました。

「ジェームズのような子どもが、学校や社会でかかえる困難や発達障害についての啓蒙活動や長い旅行が行えることを実感できました。

私たちが旅を続けている中で、応援してくれた人たちはたくさんいました。」

「私たちの活動を支持してくれている人たちは、現実にたくさんいます。

ダウン症の子どもの家族たち、療育を受けることを待ち望んでいる発達障害の子どもの家族たち、そうした人たちの支持があって、このように大きな成功につながりました。」

「そして、旅をしている途中で、応援してくれる人たちに会って、自分はひとりではないことをジェームズは知りました。

それは大きな助けになりました。私たちが特別な存在のように感じられることもありました。」

発達障害の子と父の自転車旅に応援が集まる b1-1024x768

「大きな声で伝えたいのは、みんながお互いに手を差し伸べ、助け合えたということです。

この旅を助けてくれただけではありません。

発達障害の子どもを育てていくなかで、みんなが助けてくれているのです。
そして、みんなで成功をわかちあえて、お互いに助け合おうと思うようになります。」

「発達障害については、多くの偏見や誤解があります。

実際にジェームズがこうして旅をしているところを見れば、他の子どもとの違いなんてわからないでしょう。
なので、こうして楽しい旅をしてみんなに知ってもらうのはとても重要なことです。

私たちは、こうした子どもたちが必要とするサポートや愛情をみんなに知ってもらえるように活動をしてきました。」

「発達障害の子をもつ親として、できる限りのことを行います。

しかし、十分でないこともあります。
そのために、優しくしてくれたり、助けてくれる人も必要なのです。」

人生と同じように、この自転車旅も山あり、谷ありでした。

自転車が壊れそうになったり、砂場を走ったり、
ゴールをする日は、悪天候で強い風も吹いていましたが、ゴールが近づくにつれて青空になりました。

「オタワに入ったことがわかると、息子のジェームズの目からは涙があふれていました。
強い風が吹き付けて、寒いくらいでした。少し雨も降っていました。」

父親のクリスは、ジェームズがこの旅をすることを思いついたと言います。
そして、こんなにたくさんの応援をもらえたことに驚きました。

「父親として、息子のことをとても自慢に思います。
ふつう、こんなことをはできません。

そして、ゴールする時に応援する方々を目にして、本当に素晴らしいことだと思いました。

最後の2km、息子のジェームズは声出して、大声で叫んで、自分を応援していました。

ジェームズはゴールすることができました。
本当にうれしいです。すばらしいです。」

発達障害の子と父の自転車旅に応援が集まる b2-1024x768

(出典・画像:カナダOTTAWA CITIZEN

親子でなしとげたことは、ずっと残りますよね。

ここまで大きな、立派なことでなくても、夏休みでなくても、そういう機会を作っていきたいですね。

発達障害の息子を変えた父とのアフリカ旅行

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。