発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

ADHDの母だから発達障害の娘と助け合える

time 2017/09/23

この記事は約 3 分で読めます。

ADHDの母だから発達障害の娘と助け合える

文章の中に「ADHD」と母親という文字があるときには、たいていはADHDの子どもの子育てについてです。
私もそれを知っています。
しかし、ADHDは子ども以上に大人にも影響を与えることを知って頂くためにお伝えします。

私は私自身がADHDの母親です。

家の床はいつも綺麗ではありません。
服をたたんで、引き出しに入れても、はみ出ています。

娘と一緒になって、私は深夜を過ぎてもマインクラフトをしています。

ときどき私は、ADHDのために飲まなくてはいけない薬の量の多さに、イライラします。
頭が落ち着くまで、頭の中で泣き叫んでいます。

ADHDの母だから発達障害の娘と助け合える m3-1024x768

しかし、どんなにひどい日でも、私は娘に愛していることを伝えます。
私は娘がいてくれることに感謝をしています。

娘は高機能自閉症です。

私がADHDであることは、娘の理解につながっていると思っています。

強い感覚に困ったり、予想していなかった変化に戸惑ったり、話されるよりも文字でのコミュニケーションが楽だったり、それは私と娘に共通しています。

夫と私がいなくなった将来のことを考えて、娘が心配して眠れない時も、私は言葉を使いません。
ただ、隣に横になって抱きしめます。

娘は、私にいろいろな質問をしてきます。

「どうして、地球の中は熱い溶岩でいっぱいなのに、地球は燃えていないのですか?」
「お母さん、自分が生きてきて、何をしているのか疑問に思うことはありますか?」

ADHDの母だから発達障害の娘と助け合える m1-1024x768

私はどんなに忙しくても、手を止めて必ず質問に答えます。
娘が知識を得ていくごとに、安全に生きていけることになると考えるからです。

毎日が完璧であることはありません。
それでもいいのです。人生は不完全であっても素晴らしいのです。

しかし、私は娘に十分にできたと思えた日は、最高の日です。
十分にできたと思えた日は、私のADHDでなければ、私はもっとよいお母さんになっただろうかと悩まないからです。

私は娘を愛しています。娘もそれを知ってくれています。

娘に十分にできたと思えれば、夕食が遅い時間になってしまっても、犬の毛の掃除をするのを忘れても、そんなこと問題ありません。

時々、私はADHDであることに負担を感じ、悪い母親だと感じることもありますが、
母の私はADHD、娘は高機能自閉症、なので同じような立場であることをうれしく思います。

私がADHDのために落ち着きがなくなったときには、娘が落ち着かせてくれます。
娘が高機能自閉症のために困っている時には、私が助けます。

同じような立場で助け合えて、うれしいことです。

(出典・画像:米sheknows

ネガティブに一見思うことも、捉え方次第でポジティブにもなります。

ポジティブになったほうが、幸せになれるはずです。

他の親子がうらやむほどの関係だと思います。ますます楽しく、マインクラフトもして、過ごして頂きたいと思います。

 

理解されていない女の子の発達障害

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ