発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

アメフト大好き発達障害少年の心、奪われる

time 2017/10/18

この記事は約 3 分で読めます。

アメフト大好き発達障害少年の心、奪われる

発達障害の10代の少年、初めて土曜日のダンスパーティーに参加しました。
16歳のネイト・ヤンクマンは、時間があれば外に出て家の庭で過ごしています。
ネイトの母親は、ここで息子は自由を感じることができていると言います。
「息子はいつも外に出てきます。庭の主です。
そして、チーフスが大好きです。」
「大好き」というのは少し控えめな表現かもしれません。
ネイトは、米カンザス州のアメフトチーム、チーフスのヘルメットをいつもかぶっていて、執着しているといったほうがいいかもしれません。
ネイトは、チーフスの試合のスケジュール表を持っていて、試合が終わるとスコアを書き込みます。
会話は、いつもチーフスのことばかりです。
「毎日チーフスのことで頭がいっぱいです。
朝起きてから、夜寝るまで。」
そうネイトは語ります。
しかし、チーフスも負けました。ネイトの心は高校でのダンスパーティーに奪われたのです。
「息子はとても興奮していました。
喜びで心がいっぱいになていました。
アリヤが誘ってくれて、本当にあたたかな気持ちになりました。」

ネイトは、生後10ヶ月で発達障害と診断をされました。
そして、てんかんもあります。
小学校では、ダンスパーティーには一度も参加することができませんでした。
「ネイトは私の友だちの一人です。
なので、誘ったんです。
私もネイトと似ていました。
ネイトのことをおかしいと思いません。同情しているわけでもありません。」
アリヤ・アンソニーはそう言います。

母親はこう言います。
「アリヤからのお誘いは本当に心温まるものでした。
あの時の息子の顔は忘れられません。
けれど、すぐにチーフスの話しを始めてしまいました。」
ダンスパーティーの当日、息子のネイトはばっちり準備ができていました。
「ネイトは朝6時には起きていました。
両手には花を持っていました。
まだ、夜まではまだまだよ!」
そう母親は言ったそうです。
ダンスパーティーの日、ネイトはボールの代わりにアリアに贈る花を手に持ちました。
ポーズをとって写真をとってから踊りました。

「素晴らしい時間だった!」
ネイトはにやけながら、そう語りました。
ネイトはまだチーフスの試合を観に行ったことがありません。
母親はいつか連れていきたいと思っています。
ネイトがある時、珍しくチーフスの試合の話を止めて、そしてこう言ったそうです。
「いつになったら、プロム(高校卒業時のダンスパーティー)に行けるかな?」
(出典・画像:米ksn

アメリカの映画を見ていると、「プロム」よく出てきますね。
高校卒業時のそのダンスパーティーに出るためにパートナーをと。
なかなかの無理ゲーです。私は日本に生まれてよかったと心から思います。
友だちと言うのがお決まりパターンですが、末永く仲良くして頂きたいと思います。
発達障害の親友が私の心の中にずっといた。

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。