発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の息子のために出来ないことはない

time 2018/01/13

この記事は約 4 分で読めます。

発達障害の息子のために出来ないことはない

「スリー、ツー、ワン。イグニッション、リストオフ!」

リビングルームはロケットエンジンの轟音でいっぱいです。
部屋の隅においてあるボール紙の宇宙船が揺れ動いています。

私の5歳の息子のチャックは発達障害です。

ロケット打ち上げの轟音を口に出して、宇宙服のヘルメットをかぶり、NASAのパッチが付いたオレンジ色のジャンプスーツを着ています。

息子の声は真剣です。

「最初は月です。次は火星です。」

私はうれしくなります。
この息子のまねごとをみると、私が息子をこの冒険に連れ出せたことがわかるからです。

息子のこの宇宙冒険は、私の心を満たしてくれます。
この気持ちに適当な言葉が見当たりません。
誇り、安心、変な喜び、ごちゃごちゃになっています。

息子はこれまで、どうやって遊んでいいかわかりませんでした。
今していることは、本当に予想もできなかったことなのです。

発達障害の息子のために出来ないことはない s3-1

息子は話すことはありませんでした。
表情を理解することもできません。クレヨンの持ち方もわかりません。
エアコンから出る音への対処方法もわかりません。
私たちがふだん簡単にしていることも、療育で学ぶ必要がありました。

今は息子は明るくて、かわいくて、よく笑って、アメフトも大好きです。
水たまりで泥だらけになって遊び、笑顔を見せてくれます。
妹と一緒になって、くもやおたまじゃくしを見ています。

私が発達障害についてもっとよくわかっていれば、もっと早く発達障害であることがわかったはずです。
幼いときからその兆候はありました。
発話の遅れ、体をゆらすこと、うれしいときに手をパタパタさせて跳ね回ることなどです。

息子は太陽系のすべての星の名前を言うことができます。名前がわからないものは、どんな星かを教えてくれます。
お昼ごはんに何を食べたいかを話すことよりも、隕石、小惑星、彗星の違いを話してくれます。

息子が3歳のとき、発達の遅れが出ていたときに、小児科の医師からは診断をすることをすすめられました。

私は恐ろしくて、絶望的になりました。
しかし、そう思う私は間違いです。

それまで、息子とハグができることはあまりありませんでした。
会話ができることもありませんでした。

私は息子を愛してきました。しかし理解できていませんでした。もっと理解したいと思いました。

診断を受けました。
私は息子に問題があることはわかっていました。
助けになることを知ることが、私にとって診断の目的でした。

私は医師たちから、息子の将来がなくなるようなことを聞きました。
とても嫌なことでした。
私は目を閉じて、息を吸いました。
そして、覚悟を決めました。

発達障害の息子のために出来ないことはない s1-1

翌年から、私は発達障害に関わるすべての本を読みました。
すべての専門用語も学びました。

私は、ふだん私たちが行っているすべてのことについて、絵をつけたストーリーにして教えることを学びました。

歯磨き粉のチューブを手に取りましょう。
チューブのフタを開けましょう。
歯ブラシにつけましょう。

息子は、他の発達障害の人の多くと同じように、あまり眠ることがありません。
夜は2,3時間しか眠りません。
もっと寝かせようとしても、星を見に家を出ていってしまうようなこともあります。

私はスーパーに買い物に出かけても、息子が悪い子どもと思われるよりも、私が悪い母と思われることを選びました。
ひどいことを言われても、気にしないふりをすることを学びました。

私はふだんは面白くて幸せな息子がパニックになって、壁に頭をぶつけたりしはじめると、私は抱きかかえて防ぎます。息子が傷つくよりも、私の体が痛むことを選びます。

私は息子のためにやれないことはない、ということを学びました。

息子は毎朝、私のひじにキスをしてくれます。
キスをしてくれないときでも、私のことを好きなのはよくわかっています。

息子は私が好きな本を呼んでやっていると、指で私の髪をさわります。
私のくちびるの上にも指を乗せて、私が話しているくちびるの動きを感じています。
私の手のひらに好きな星座を描いたりもします。

前に、ある子どもが私に、冗談でひどいことを言ったときのことです。

息子は手を上げて「やめろ!」と叫びました。
息子は私を指差して「王女様だ!」と言ってくれました。

そんな息子のために、私はできないことはないと思います。

私は息子のために、ずっと学び続けます。

リビングルームにいる宇宙飛行士を見ていると、発達障害の子どもとわかるうなり声をあげて、窓からの光にまぶしい顔をしています。

私が一番学びたいのは、息子が快適でいられるようにするためにどうすればよいか、息子に教える方法です。

息子は人とは違った考え方をしているので、人とは違った行動をとります。
私もこれを変えたいとは思いません。
他の人と同じようにさせることは、私がしたいことではありません。

息子のそうした、人とは違う行動を、私が知っておかなければならないことを、息子には伝えています。
そうすることで、息子が人と違った行動をしたときに、私はサポートすることができるからです。

私はこの宇宙飛行士と歩んでいきます。

(出典・画像:米The News&Observer

自分の子のためには、私にできないことはない。

子どもは、そう思わせてくれる本当に宝のような、こちらこそ感謝する存在だと私も思っています。

(チャーリー)

 

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ