発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子たちの言葉の発達を音楽で支援

time 2018/01/31

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子たちの言葉の発達を音楽で支援

先生のメアリー・ゼマが歌ってからこう言います。

「はい、みんなで音楽をしましょう。」

みんなの前でアコースティック・ギターを、生徒の小さな手が弾きます。
数分後には、発達障害の子どもたちみんなが、小さなドラムをたたきながら、歌をうたっています。

この一週間に渡って、メアリーは5つの小学校で、特別支援音楽授業を行ってきました。

メアリーは小学校そして高校で29年間、音楽の教師でした。その後の3年間は、特別支援を必要とする生徒に音楽を教えています。
複数の学校で、メアリーは音楽を通じて、自閉症スペクトラム障害の生徒たちの言葉の発達を支援しています。

「生徒たちは、音楽にすごく反応してくれるんです。
生徒たちが、発達していく姿をみるのは本当にうれしいことです。」

メアリーは、言葉と歌うことに関連する脳の機能に興味をもって、発達障害の子どもたちへの音楽教育プログラムを考えはじめたといいます。

「私は勉強をしました。そして、実践しようと思ったんです。

子どもたちは音楽が好きです。
音楽を通じて、言葉を口にするのはとても自然なことなので。」

発達障害の子たちの言葉の発達を音楽で支援 o2-1-1024x768

訪問する学校の教師たちと連携をして、メアリーはその週に学校で学んでいる言葉の音にあわせた、音楽の授業を行います。

たとえば、母音の「オ」を使う言葉を子どもたちが学んでいるのであれば、子どもたちと歌うときには、「ドッグ」「クロック」などの言葉を歌に入れています。

授業の終わりには、生徒たちにマイクを渡して少しお話をしてもらったりします。
生徒たちは好きなように話したり、歌ったりします。

「メアリーの授業は魔法みたいです。
メアリーの音楽の授業の生徒たちは、みんなが笑顔で歌って、ドラムをたたいて、踊ったりしています。」

学区内で、音楽芸術活動を担当するジャクリーン・フランシスコはそう語ります。

「親たちのために、生徒たちが歌って、踊るコンサートも行ったんです。みんなが驚いていました。」

この地域では、毎年4月の自閉症啓発デーにあわせて、メアリーと音楽の教師たちが協力をして、発達障害の生徒たちによるコンサートを開催しています。

友情や多様性などをテーマにした楽曲を組み合わせて演奏します。
小さなこどもたちも、打楽器をたたいて参加します。

発達障害の子たちの言葉の発達を音楽で支援 o1-1-1024x768

(出典・画像:米South Coast TODAY

うちの子が通った発達支援センターや、通っている特別支援学校でも、よく音楽を使っていました。

うちの子は話したりすることはできませんが、気分が乗ってきたときには音楽にあわせて、体を左右に動かしてダンス?をしているのを見ると本当に嬉しくなります。

小さなころから、大きくなった今でも、それを見ると変わらず嬉しいものです。

先生方にも本当に感謝をする瞬間です。

発達障害の人とそうでない人を結ぶ電子音楽

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ