発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

「落ち着ける部屋」がある米テーマパーク

time 2016/07/05

この記事は約 3 分で読めます。

「落ち着ける部屋」がある米テーマパーク

ドリーウッドは、米テネシー州にあるテーマパーク。
ドリーウッドは、発達障害や感覚機能障害がある子どもたちが、落ち着けて発作がおさまるまで休める、安全な部屋を設けた最初のテーマパークとなりました。
発作が出ても、落ち着いたら残りの時間いっぱい、子どもたちは家族といっしょに遊べます。

 

多くの自閉症の子どもたちがドリーウッドの案内センターに訪れることを知って、ドリーウッドのチームリーダーであるジュディ・トスが落ち着ける部屋を作ろうと思いたちました。

 

「発達障害や感覚機能障害がある子どもたちの親は救護所に行ったり、トイレに行ったりして、子どもたちを落ち着かせようとしていました。」

落ち着けるような、ちょうどいい場所が存在していないとトスは知りました。

「子どもが落ち着けるまで、親がトイレのそばで待って、みていないといけない状況を見過ごせませんでした。」

 

今回設けられた、この落ち着ける部屋には、子どもたちが落ち着きをなくしてしまっても、親や付き添いの人が一緒に入っていけます。

このような落ち着ける部屋ができて、発達障害をもつ子どもたちの多くがドリーウッドを楽しめるようになったはずだと彼女は感じています。

 

この落ち着ける部屋は、居心地のよいテントがあって、照明は穏やかな明るさになっています。

「落ち着ける部屋」がある米テーマパーク dl2

 

「ドリーウッドには、発達障害の子をもつ親は感謝をしています。」

ある親がドリーウッドのフェイスブックページにそう書き込んでいます。

「私の息子が初めてドリーウッドに行った時は落ち着かなくなってパニックになってしまいました。
もしも、そのときにその部屋があったなら、全然違ったと思います。」

 

トスが言います。

「子どもたちは、この部屋にはいるとすぐにテントに入ってひとりになります。
光ファイバーを光らせると、子どもたちは座ったり、寝転がったりして、じっとその光を見ています。

ドリーウッドはお役に立てることがあれば何でもする。この部屋はその考えに従った実践の一つです。」

 

落ち着ける部屋をテーマパーク内に設けた、ドリーウッドの取り組みは発達障害、感覚機能障害の子どもたちにとって記念すべき大きな一歩といえます。

こういった子どもたちが外にお出かけしやすくなるのは、親にとっての最重要課題を助けるものです。

 

ドリーウッドの創設者で、子どもたちの代弁者として有名なドリー・パトロンは、子どもはそれぞれひとりひとり違うことを知っています。

もっと助けが必要な、子どもたちがいることも。

「落ち着ける部屋」がある米テーマパーク dl1-1024x768

ドリーは全ての子どもの親たちがドリーウッドに子どもを連れてきて、親子一緒に楽しめるようになることを願っています。

(出典・画像:米INQUISITR

(画像はドリーウッドのWebサイトから)

ドリーウッドのWebページ

 

たしかにこういった子どもたち「専用」の場所があると、行きやすくなるはず。
ねずみの国くらいになると、キャストの方々が親切に対応をしてくださりそうですが、夏休みとか特に賑わっている時期などは、やはりそういう場所が前もって確保されていたりすると、安心感がありますね。

こちらの美術館のプログラムでも落ち着ける部屋が設けられていました。

発達障害児と家族向けの美術館プログラム

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ