発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ

time 2018/06/26

この記事は約 2 分で読めます。

全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ

スポーツ・スタッキングは発達障害のイェッセ・ホーンにとって切り離せないものになっています。
「私は本当に大好きです。
あなたにも、この音の良さがわかるでしょう。
私はカップを重ねたときの音が本当に大好きです。」
そうイェッセは言います。
s6-1 全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ s7-1 全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ
この音と身につけたテクニックが、21歳のイェッセを全国大会に連れてきました。
9歳の頃からスポーツ・スタッキングはイェッセの情熱の対象となり役に立ってきました。
「僕のするところを初めて見ると、みんな驚きます。」
s5-2 全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ s3-3 全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ
「僕は3歳のときに、自分も家族もがっかりさせられました。」
発達障害であることが3歳のときにわかったのです。
「家族は、他の子どもが成長するにつれて行うようなことを、僕がしないことに気づいたんです。
僕は自分だけの小さな世界に住んでいました。」
そして、イェッセは今、スポーツ・スタッキングの全国大会に出るまでになりました。
s2-3 全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ s1-3 全国大会出場の発達障害の青年は障害者とは言わずに能力者と呼ぶ
「僕は、障害者という言葉は使いません。
むしろ、成功することができるんです。
なので、僕は能力者と呼んでいます。
僕は、僕と同じような人たちとそうでない人たち、世界中の誰にでも、コミュニケーションの架け橋になることができると思います。
役に立ちたいんです。」

(出典・画像:米WEAU13
目にもとまらぬ速さ。
まさにそんな感じです。ハマる人にはとてもハマりそうです。
発達障害の方のすごい集中力が活かされるスポーツなんだろうと察します。
発達障害の人、そうでない人、みんなの注目をますます集めて架け橋になられることを期待しています。
ピンボールの世界チャンピオンは発達障害

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。