発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー

time 2018/07/11

この記事は約 2 分で読めます。

妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー

誰もがみんな、楽しい夜を体験したい。
しかし、少しまわりの人とは違う人は、自分がナイトパーティーに参加することなんて難しいと考えるかもしれません。
DJギグやバーやクラブでは、そういう人たちは歓迎がされているとはいえません。
知的障害、発達障害の人を見かけることはほとんどありません。
d9 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー d6 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー
しかし、ダンス・イン・アビリティの夜は違います。
知的障害や発達障害など、そうしたまわりの人とは少し違った人たちが、今ままでにできなかった体験をしてもらえるようにしました。
カウルム、ダニエル、ジョナサン・ホプキルクの兄弟たちは、パーティーやバーを楽しんできました。
しかし、ダウン症の妹のローザはいつも自宅にいました。
d12 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー
「僕たちのきょうだいの3人はラグビーをしていました。
多くの友情や声援に囲まれてきました。
僕たちが10代の頃になると、僕たちとはちがって、ローザだけが他の同世代の若者たちが楽しんているような機会を全く持つことができていませんでした。
ローザやローザの友だちたちは、そうした楽しみを体験できていなかったんです。」
そう、ダニエルは言います。
一番下の弟、ジョナサンは医師ですが、パートタイムでDJをするようになりました。
ダニエルは、ローザにも楽しんでほしいと思いました。
「ジョナサンだけでなく、カウルムもすでにDJをしていたんです。
僕たちは、ローザと一緒に楽しみたかったんです。
そして、外に出かけることはローザの世界に光をもたらします。」
d8 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー d10 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー d2 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー
2017年9月にオーストラリアのシドニーで最初に盛大にダンス・イン・アビリティは行われました。
イベント会社を経営しているダニエルは、レッドブルでキャリアをスタートしているので、夜のイベントについては専門家です。
d7 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー d11 妹のために始めた知的障害、発達障害、大歓迎のナイトパーティー
シドニーでの大成功をみてから、ニュージーランドの全国でもすべての人たちが歓迎され、ナイトライフを楽しめるようにしていきたいと考えて取り組んできました。
イベントは成功を続け、資金も集まっているので、今後もこのイベントは続けられていく予定です。
(出典・画像:ニュージーランドstuff
クラブ、DJ、私は全く無縁の生活をしてきましたが、これは本当に楽しそうです。
年齢もさまざまで、それぞれがそれぞれに楽しめていることが伝わります。
私は電子音楽は大好きです。うちの子も大好きです。ノリノリです。謎の踊りもすごいです。
これなら、うちの子といっしょになって、参加してみたいですね。
知的発達障害者のスペシャルオリンピックスの競技にテレビゲーム

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。