発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

閉じこもっていた発達障害の少年がストリートダンスで大きく成長

time 2018/10/10

この記事は約 3 分で読めます。

閉じこもっていた発達障害の少年がストリートダンスで大きく成長

発達障害の少年が、ストリートダンスを初めてから、大きな賞にノミネートされるまでになりました。
オリー・ベニングは14歳。
ロンドンで行われる発達障害ヒーロー授賞式に出席します。
自閉症、そしてADHDのための困難をかかえていたオリーは、2017年からストリートダンスを始めると、インストラクターがその才能を発見し、磨きをかけました。
オリーは、発達障害ヒーロー賞のクリエイティブ・アーツ・アンド・メディア部門にノミネートされました。
オリーを指導した、ストリートファクトリーを運営しているトビー・ゴーゴクもリーディング・ビジネス部門でノミネートされています。
トビーは、こうしてオリーとともにノミネートされたことは、イギリスで初めてのヒップホップのダンスの劇場を作る夢の実現を近づけてくれるものだと語ります。
「親切心や良い心をもって行うことには、価値が認められることを示せたと思います。」
d3 閉じこもっていた発達障害の少年がストリートダンスで大きく成長
そして何より、自分よりも教えていた発達障害のオリーがノミネートされていることを喜んでいます。
「発達障害の少年が、どれだけ成長できて、みんなを元気にしてくれるのかがわかってもらえるはずです。」
オリーの家族たちは、人と交流することに困難をかかえているオリーがこんなに成長するものとは全く思っていませんでした。初めて18ヶ月、今はオリーに自信がついてきたことがわかるといいます。
オリーの祖母は、オリーはストリートダンスが大好きでテレビで見るたびに、動きを真似していたといいます。
「そして、孫のオリーは、おどろくほど変わりました。成長したんです。
オリーは、相手の顔を見ることもなく、ずっと自分に閉じこもって、いつもイライラしていました。
それが今では、イライラすることもなく、友だちもできて、自分を受け入れることもできています。
ダンスを習うことが、うまくいくとは思いませんでした。
それがまったく違いました。大成功です。
私たち家族も変わりました。」
d1 閉じこもっていた発達障害の少年がストリートダンスで大きく成長
家族も変わったのです。オリーのきょうだい、5歳の弟、2歳の妹も入会してダンスを今では習っています。
オリーがダンスを習っている、ストリートファクトリーではヒップホップのダンス劇場を建設しようと、イングランド芸術協会やその他の公的、民間の支援者たちと資金調達について検討をすすめています。
そこでは、教育センターとしての機能をもたせることも計画されています。
(出典・画像:英Plymouth Live
話すことができなくて、うまく意思表示ができない子でも、あるテレビ番組や写っているキャラクターがお気に入りだとわかることもあると思います。
そうかもしれない。
と思ったら、まず一緒に楽しんで、大好きを伸ばせたら、成長を助けてくれる一つの支えになるかと思います。
今なら、大好きなお子さんも多いはずです。
だったら、まずは一緒に「U.S.A」と踊ってみるのはいかがでしょう。
特別支援が必要な子向けのバレエ教室。子どもたちに自信がつく

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。