発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子どもと親が楽しく過ごせるようにしたスポーツジム

time 2018/10/25

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子どもと親が楽しく過ごせるようにしたスポーツジム

クリスティン・アースがその電話をとりました。
電話をけたローリー・プラントはおいのビュー・ガバルドンのためにスポーツジムを借りることができるかたずねました。
ビューは発達障害、自閉症スペクトラム障害です。
暗い照明、静かな音楽、うるさくない環境を求めます。
クリスティンはローリーがスポーツジム全体を一人のために借り切ろうとすることを最初は奇妙に思いましたが、発達障害の子どもたちが安全に自由に遊べる場所を見つけることが難しいことを、電話での話を通じて知りました。
そして、クリスティンは上司に自閉症スペクトラム障害の子どもたちのため専用の時間を週に1,2回スポーツジムに設けてみることを提案しました。
「私はただそうすることを望みました。
発達障害の子どもたちが、ここで必要とする時間を過ごす光景を頭の中に見ていました。
それを実現したいと興奮したんです。」
そうクリスティンは言います。
g2-1 発達障害の子どもと親が楽しく過ごせるようにしたスポーツジム
そして実現しました。
自閉症スペクトラム障害の子どもたちをこのスポーツジムに迎える時間を設けることができました。
9歳のオリバーは、障害物のコースを楽しんでいます。
7歳のポーは、トランポリンで飛び跳ねています。
10歳のハンナは、兄と一緒になって「すごく楽しいもの」で遊んでいます。
「本当に楽しいんです。」
6人の子どもたちが、照明を落としたスポーツジムでエネルギーいっぱいで遊びました。
あの電話をかけてきたアースのおい、ビュー・ガバルドンの母親はこういいます。
g4-1 発達障害の子どもと親が楽しく過ごせるようにしたスポーツジム g3-1 発達障害の子どもと親が楽しく過ごせるようにしたスポーツジム
「自由に過ごせる場所ができて、本当に素晴らしいと思います。
まわりに遠慮したり、謝ったりする必要がないんです。」
この場所は、発達障害の子をもつ親同士がつながる機会も与えてくれました。
「話せるんです。
親にとっては素晴らしい休息となります。
他の親たちとつながれるんです。」
(出典・画像:米THE Durango HERALD
本人はいつもより快適に遊べて、親もまわりを気にすることがない、そんな遊び場うれしいですよね。
既存の遊び場もこうして、時間を設けるだけでそうできるんだと多くの人に知ってもらえればと思います。
発達障害児の父が39億円かけ作った遊園地

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。