発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年が自分の趣味を活かし始めたビジネスが学生に人気

time 2018/12/27

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年が自分の趣味を活かし始めたビジネスが学生に人気

「カレーム・オーサム・ワールド」は、大学生が集まる文化的なコミュニティセンターとして注目されています。
発達障害のカレームが自分のユニークな視点、そして世界を多くの人と共有するために始めたものです。
カレームの夢は、経済的に自立し発達障害について多くの人に知ってもらえるビジネスを自分で始めることでした。
最初はゲームやコミックなどエンタテイメント商品の販売を行いました。
しかし、それがうまくいかないとわかると、エンターテイメントの機会を提供するビジネスに変更しました。
e4-1 発達障害の青年が自分の趣味を活かし始めたビジネスが学生に人気
カレームを献身的に支える母親のドア博士の支援をうけて、大学生が集まりやすい場所を借り、そしてコミックが大好きなカレームは、マーベルやDCのコミックを揃えました。そして、部屋は心が落ち着く色調に整えました。
そうして、カレームのこの場所が生まれました。
カレーム・オーサム・ワールドに足を踏み入れると、そこは家のような雰囲気になっています。
いろいろな種類のボードゲーム、コミック、バーチャルリアリティのゲームなども楽しめます。
e3-1 発達障害の青年が自分の趣味を活かし始めたビジネスが学生に人気
共同で作業ができるスペースも設けられていて、グループで落ち着いた雰囲気で勉強をしたり、ミーティングすることもできます。
1日に約100人の大学生たちがここに集まっています。
カレームは、このビジネスで発達障害の人に対する偏見を打破しています。
発達障害の人もそうでない人も変わりないことを証明しています。
e1-1 発達障害の青年が自分の趣味を活かし始めたビジネスが学生に人気
たしかに発達障害であることは困難をもたらします。
しかし、カレームはそれを乗り越えました。
カレームがあきらめなかったことは、多くの人が素晴らしいと思えることのはずです。
(出典・画像:エジプトSCOOPEMPIRE
発達障害の方が増えているのにあわせて、発達障害の方の起業も増えていくといいと思います。
違うことを活かして、違うことがよかったと思えるような仕事ができたら最高だと思います。
発達障害、アスペルガー症候群の少年が伝える「起業のススメ」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。