発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける

time 2019/02/21

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける

小さな子どもたちをとりこにしています。
それだけでなく、観客の前で踊り、バンドの指揮をしたりして、あらゆる年齢の人たちを楽しませています。
バイソンのキャラクター、バフがこの学校の催しで人気者になっています。
しかし、このキャラクターの中に誰が入っているのかを知っている人は、この米ハーディングス大学のキャンパスの学生の他に知る人はいないでしょう。
31歳のオースティン・ダニングは発達障害であるアスペルガー症候群、そして不安症、うつ病をかかえています。
つまり、周りとのコミュニケーションとの困難と常に戦っているのです。
しかし、バフの中に入ると周りの人々の大の人気者になります。
k11 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける k2-1 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける
オースティンの母親のロビーはこう言います。
「息子は、ずっとキャラクターが大好きだったんです。
学校にマスコットキャラクターがいないのは悲しいと言っていました。」
高校ではいじめられましたが、オースティンはバズというスズメバチのマスコットキャラクターを演じました。
それから、大学に入るとクーガーのフレディというキャラクターを演じました。
k8 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける k7 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける k6 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける k5 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける
大学を卒業してからはこれを仕事にしていこうと決めました。
そして、ここハーディング大学でマスコットキャラクターを演じるようになったのです。
もう、9年目になります。
スポーツイベントや学校の催事で活躍しています。
また、オースティンはここの大学の学生にもなりました。
「息子は、着ぐるみをかぶると、とても楽しく快適になります。
嫌なことはすべてなくなってしまうようです。
キャラクターになっていない息子、キャラクターになった息子、
昼と夜とでは、周りの人たちの反応は全く違うものになります。」
k10 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける k4-1 発達障害の男性は困難に負けずに大好きな着ぐるみで活躍を続ける
オースティンはこの大学を卒業するのはまだ数年先ですが、この大学を卒業後にはプロスポーツチームのマスコットキャラクターを演じたいと考えています。
「私は息子に幸せになってほしい。
息子がキャラクターを演じることをしていなかったら、何ができるのかわかりません。
息子の好きなことを見つけられたことに感謝をしています。」
(出典・画像:米KATV
ずっと続けられる、人生につながっていく好きなことを見つけられて本当に良かったと思います。
一緒に見つけてあげたいですね。
発達障害だから無理。と言った娘は父と一緒に人気ユーチューバー

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。