発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子どもと家族に一番良いペットになる動物はなに?

time 2024/04/12

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

自閉症の子どもと家族に一番良いペットになる動物はなに?
  • 自閉症の子どもにとって、最適なペットは何か?
  • ペットを家族に迎える際に、どのペットの選択肢を検討すべきか?
  • ペットとの交流が子どもの発達や幸福にどのような影響を与えるか?

ペットはどんな家庭にも素晴らしい一員となります。
ペットは喜びや慰め、愛をたくさん与えてくれます。
自閉症の子どもを持つ家庭にとって、ふわふわの友だちを迎えることは、さらに多くのメリットがあります。

自閉症の子どもにとって最適なペットは何でしょうか?

この質問に対して唯一正しい答えはありません。
しかし、特定のペットが自閉症の子どもたちにさらなるメリットを提供することは確かです。
家に迎えるにあたって最適な動物の種類を詳しく見ていきましょう。


犬は「人間の最良の友」と言われる理由があります。
忠実で、無条件に愛してくれ、守ってくれて、賢く、慰めを与えてくれます。
これら全てが一つになった、ふわふわで楽しい存在です。

最近のKidadl社のレポートによれば、犬を飼っている家庭の94パーセントが、子どもが犬と強い絆を持っていると答えました。
さらに、犬を飼っていない家庭の70パーセントも、社交的な場面で犬に触れ合った際、子どもたちが大いに楽しんでいると答えています。

自閉症の子どもにとって、犬は特に良い選択です。
犬は子どもが幸せを感じるのにちょうど良いバランスの慰めと注意を提供します。
また、多くのペットよりも直接的に訓練可能で、次のようなセラピー技術も教えることができます。

  • 子どもを慰めるために舐める
  • 落ち着かせるために体重をかける
  • かんしゃくの最中に子どもが自分を打たないようにするために足を使う

どの犬種も愛と敬意を示してくれますが、セラピーを考えるなら、ラブラドールやレトリーバー、ジャーマンシェパードを選ぶことをお勧めします。

カメ
Netflixの人気作「Atypical」は、カメをセラピー動物として使用することを広めました。
主人公のサムにエジソンというカメを選んだのは変わっているように思えるかもしれませんが、実際には、これらの爬虫類は身体的接触が苦手な子どもたちにとって素晴らしい選択肢です。

比較的、世話をすることが少なく(一度環境が整えられれば)、カメは子どもたちに別の生き物の世話をすることを学ぶ機会を提供します。
水槽の清掃は週に一度必要です。

カメは習慣とルーチンを好みます。
自閉症の子どもの親にとって、ここにある一致は価値があるでしょう。
これも、これらの愛らしい仲間が特定の子どもたちにとって最適な理由の一つです。

種に関しては、選択対象となる種類は多くあります。
世話することがが大幅に少ない小さな種を選ぶことをお勧めします。

ウサギ
ウサギは、世話の必要性に関しては思っているほど少なくはありません。
健康で満たされた、幸せな状態を維持するためには、かなりの作業が必要です。
これは、他のペットの経験がある年長の子どもたちにとってより適したペットです。

しかし、それが理由で選ぶのを諦めるべきではありません。
ウサギはとても賢く、耳の後ろや頭の上を撫でることを楽しんでいます。
獲物のように、持ち上げられることは好みません。
ペットと腕の距離で交流したいと考えている子どもたちにとって良い選択肢になります。

トイレの清掃は定期的に行う必要があり、彼らは室内で生活することが最適です。
レタスやニンジンの茎、自然の花などを食べますが、腸を健康に保つためには干し草が最も重要です。
これをいつもあげる必要があります。

また、「対応できる獣医」が必要なことを忘れないでください。
つまり、近くに適切な獣医がいるかどうかを確認する必要があります。

自閉症の子どもに最適なペットを選ぶことは、次のような大きなメリットがあります。

  • ストレスと不安を減らす
  • 社交スキルの向上に役立つ
  • コミュニケーションと言語スキルの向上に役立つ
  • 感情的な崩壊時にセラピーの伴侶として機能する
  • 自閉症の子どもに追加の目的感と自尊心を与える

多くの素晴らしいメリットがあるため、家族が子どもの発展を助けるためにペットを迎えることは当然の選択になるでしょう。

どのペットを家族に迎えますか?
どれを選んだとしても、事前に調査を行い、あなたとあなたの子ども、そして新しいペットが皆幸せで健康であるように注意してください。

(出典:米Autism Parenting Magazine)(画像:たーとるうぃず)

「カメ」も人気になってきたんですね。

「たーとるうぃず」としてもカメを推したいところですが、うちの子にはもっと積極的にかまってくれる動物でないと交流しなさそうです。

自閉症の子と家族を助けるペット。それだけでなく「免疫」にも

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。