発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症や知的障害の人が料理だけでなく「勤務」を学ぶ料理学校

time 2024/06/03

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自閉症や知的障害の人が料理だけでなく「勤務」を学ぶ料理学校
  • 障害を持つ人々が就職活動において直面する主な問題は何か?
  • 障害を持つ人々がキャリアパスを見据える上で最も困難な点は何か?
  • 障害を持つ人々の雇用機会を増やすためには、雇用主や社会が具体的にどんな取り組みをすべきか?

ほとんどの人にとって、マラソンを完走することやトライアスロンを終えることは不可能な偉業です。
しかし、オーストラリア国内外で活躍するアスリートである25歳のモンタナ・ホワイトリーと彼女の兄、ジェイミソン(26歳)にとってはそうではありません。

しかし、スポーツの分野で優れた成績を収めている彼らですが、就職活動には苦労しています。
このメルボルン出身の兄妹は、X染色体の遺伝子の変異によって引き起こされる「フラジャイルX症候群」という知的障害を持っています。
これは日常の作業を困難にし、キャリアパスの見通しをほとんど不可能にします。

しかし、メルボルン南東部の産業用キッチンで、彼らは障害を持つ他の若者と一緒に新しい料理スキルを学んでいます。
この8週間のクラスは、「All Things Equal」という社会的企業によって運営されており、障害を持つ人々に有給の雇用と訓練を提供しています。

この体験はホワイトリーに、将来カフェで働くことを夢見させました。

「新しい友達を作り、新しいことを学ぶのはとても楽しいです」

料理や焼き菓子作りのスキルを学ぶだけでなく、「All Things Equal」のジェネラルマネージャー、ビアンカ・スターンは、クラスが参加者に時間厳守、チームワーク、上司からの指示に従うことも教えていると言います。

「彼らは、本格的な産業作業環境での勤務がどのようなものか、しっかりとした基本的な理解を得ています」

スターンによると、知的障害を持つ人々、特に障害者の雇用は不足しています。
オーストラリア健康福祉研究所の最新報告書によると、15歳から64歳の障害者の失業率は10%で、障害のない人々の失業率の約2倍でした。
また、2018年には、15歳から24歳の障害者が25歳から64歳の障害者よりも失業率が2倍以上高いことが明らかになりました。

「障害者の失業率は30年間変わっておらず、これは我々が抱える体系的な問題であることを示しています」

スターンは、雇用主が職場で障害者を増やすことの利点を認識することを望んでいます。

「考え方を変えるだけのことです」

All Things Equalはまた、3年前に開店して以来、28人の障害者を雇用したカフェも運営しています。

カフェは、フロントで働きたいと望む外向的な人々や、落ち着いた環境を好み、一貫して料理を準備できる人々にとって完璧な環境です。

All Things Equalは通常の会場よりも高い水準の訓練とサービスを提供することを目指しています。

「障害者を支援する美しい慈善活動と見られたくない」

そう、スターンは言います。
顧客が信頼できる素晴らしい食事やコーヒーを得られる場所でありたいと考えています。

「カフェは、障害者が優れていることを知ってもらう方法です」

 

All Things Equalは、知的障害、自閉症、脳性麻痺、ダウン症を持つ人を含む、個々に合わせた訓練と雇用を行っています。

Inclusion Australiaの最高経営責任者であるキャサリン・マカルパインによると、適切なサポートが職場への参入を助けるために不可欠です。

「知的障害を持つ人々は実際に仕事をしながら、または仕事を通じて学べることが証明されています」

初期の段階で集中的なプロセスが必要であるものの、それが未来への投資であると説明します。

「忠実で、能力があります。
熱心な従業員を求める雇用主にとって、障害を持つ人々はまさにそのような存在です。

働かない人を罰するような考えのプログラムから離れ、仕事に就く準備が整うまでのステップをサポートする実証的な支援を提供する必要があります」

All Things Equalのようなプログラムは、職場への参入障壁を徐々に下げ、有害な偏見を減らしていますが、まだ解決すべき問題が長い道のりであると言います。

モンタナとジェイミソンの母、ペニー・ホワイトリーは、特別なニーズのある人々にチャンスを与えようとする雇用主を見つけることが難しいと述べています。

「障害を持つ人々は多くのものを提供できます。
彼らに任務や仕事を与えれば、彼らは非常に献身的で、それをうまくこなします。

一度技能を習得すれば、彼らは本当にその技能に長けています。
ただ、その特定の技能を習得させるために忍耐と時間を費やす人を見つけることが課題です。

特別なニーズのある人々について多くの人がこのような事実を知っていれば、特別であることに関するマイナスの偏見ばかりではなく、実際にはメリットにもなることも知るはずです」

モンタナは家でもクッキーやスライスを焼くことで、新しい料理スキルにチャレンジしています。

ペニーは、自立して料理できるようになって、モンタナとジェイミソンの自信につながっていることが素晴らしいと言います。
モンタナが甘いもの好きであることも助けとなっています。

(出典・画像:豪abc

私も料理を作ることは好きだったりします。

お湯を沸かす、皮を剥く、肉を切る、複数の料理をムダな時間なしに効率よく作るために、どれをどの順番で行い実行するかはまさにプロジェクト管理です。学べることは多いはずです。

さらに、複数にともなればコミュニケーションも必要で。

まぁ、そんな小難しいことはおいて、単純に楽しくそして最後はおいしいですからね。

うちの子も調理は難しいですが、料理をもっていてもらったり、ケーキを作ったときにはイチゴを並べてもらったりしています。

自閉症の人たちが作る野菜のサラダ。学校農園とスーパーが提携

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。