発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子はお手伝いのお駄賃でお金を稼ぎ、多くを学んだ

time 2019/06/22

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の息子はお手伝いのお駄賃でお金を稼ぎ、多くを学んだ

発達障害のお子さんにお金をあげていますか?
私は、療育の先生から提案される1年前まで、息子のドミニクのそうすることを考えたこともありませんでした。
お小遣いを上げたり、お手伝いのご褒美にお駄賃を上げるようなことは全く想像もしていませんでした。
提案を受けて私は最初に
「仕事をしてお金を稼ぐ。そのことを理解できるだろうか?」
そう疑問に思いました。
c3 発達障害の息子はお手伝いのお駄賃でお金を稼ぎ、多くを学んだ
しかし、お小遣いやお駄賃をあげることは、ドミニクにとってはお金の概念、価値がある、額によって価値の大きさが変わる、ことを学ぶのにすばらしい方法となりました。
ドミニクがお手伝いをすると2ドルをあげました。
ドミニクは受け取るとビンに入れました。
ドミニクがいつ、何をして、いくらお駄賃をもらえたのかも表に記録して貼りました。
ドミニクはビンにたまったお金をときどき見ます。
また、大好きなレゴキットをWebから印刷して、表のそばにも貼ってあります。
c5 発達障害の息子はお手伝いのお駄賃でお金を稼ぎ、多くを学んだ c2 発達障害の息子はお手伝いのお駄賃でお金を稼ぎ、多くを学んだ
c4 発達障害の息子はお手伝いのお駄賃でお金を稼ぎ、多くを学んだ
ビンにたまったお金、記録した表、そして貼ったレゴの画像、そうしたものが視覚で学ぶほうが得意なドミニクにはとても役に立ちました。
数日前、とうとう息子のドミニクの貯金がレゴキットを購入できる金額を超えました。
そして昨日、買いに行きました。
ドミニクはレゴのキットを棚からとり、ためた30ドルを手にしてレジに向かいました。
ドミニクがレゴをお店の人に渡したときに、私から自分でためたお金なんですと伝えると、素晴らしいと店員さんがほめてくれました。
ドミニクは毎晩、3つのテレビ番組を必ず見ます。
しかし、この日はいつもの時間にテレビをつけようとすると、ドミニクは首を横に振りました。
「テレビよりもレゴのキットを作りたい?」
すると、ドミニクは
「はい!」
ドミニクがテレビを見ないことはこれまでありませんでした。
それだけ特別な機会となったのです。
c1 発達障害の息子はお手伝いのお駄賃でお金を稼ぎ、多くを学んだ
こうして、ドミニクはお金を稼ぐことから多くを学ぶことができました。
1.忍耐強く待ち続けること。
(レゴキットを手に入れるために、6ヶ月かかりました。)
2.お金を手に入れるためには一生懸命取り組まなければならないこと。
3.手に入れたお金で、本当に欲しいものを購入することができること。
ドミニクは、本当によく学んでくれました!
(出典:米The MIGHTY)(画像:Pixabay
まずは、本当に小さな金額でやってみるのもいいかもしれません。
発達障害の有無にかかわらず、お金を稼ぐことを学ぶ機会が日本の子どもには少ないのではないかとよく思います。
大人になれば、何よりも必須なスキルです。
こうして学ぶことはとても良いと思います。
発達障害の少年は、実際に石鹸を売るビジネスをしてから変わった

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。