発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害のカーレーサーは仲間と走り、違うクラスでも大活躍

time 2019/08/10

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

発達障害のカーレーサーは仲間と走り、違うクラスでも大活躍
  • オースティンがレースで初めて乗ったパワフルな車にどんな感想を持っていたのか?
  • オースティンと仲間のファータッチがどのような結果を残したのか?
  • オースティンはどのようなプログラムに取り組んでいるのか?

先月の米オレゴン州ポートランドでのサリーンカップレースで、Uxbridgeのオースティン・ライリーが仲間のドライバーのカーター・ファータッチと一位になると、自動車レースの世界で再び注目を集める存在となりました。
オースティンとファータッチは、約450馬力のエンジンを搭載したレースカーのクラスで最速だったのです。
これほどのパワーのある車でのレースはオースティンには初めてでした。
サポートする父親のジェイソンはこう言います。
「この8週間は、息子につきっきりでした。」
オースティンは3年目となる別クラスのレースでは今年は三位でした。
発達障害のドライバーであるオースティンは何度も表彰台に上がっています。
そしてオースティンはこれまでの数年間、発達障害のレーサーとして自信とスキルを身につけてきたことを、世界中の学校で紹介する「発達障害者のレース」プログラムにも取り組んでいます。
c1 c7 c6
今回のレースではこれまでの120馬力の車とは大きく違いました。
「とても速かった」
仲間のレーサーではファータッチはこう言います。
「オースティンが車から降りてくると、輝いていました。
オースティンにとってはこれまでに乗ったことがない車だからでしょう。
新しいレースドライバーのスーツを受け取ると、オースティンは二日間もずっと着ていました。
c3 c2
今回のレースにはたくさんのファンが来てくれました。
みんなが僕たちの速さを見たいと思っていたはずです。」
オースティンとファータッチ、2人の若いドライバーはすぐに仲良くなりました。
オースティンの父親のジェイソンはこう言います。
「ファータッチはフロリダ出身の本当にいいやつです。
オースティンには、弟のように思えたようです。
そしてファータッチの母親は、フロリダ州で発達障害の子どもたちを支援する仕事をしていたんです。」
これからもオースティンは走り続けます。
(出典・画像:米THE STAR
かっこいいですね。運転してみたいです。
発達障害の特性が強みとなっているようです。ますますの活躍を期待しています。
発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。