発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ

time 2017/06/20

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ

米ネブラスカ州全土から、200名以上の学生が高校ロデオ大会で競いました。
その中で、ワイアット・カンキーは目立っていました。
カンキーは発達障害です。
カンキーにとってそれはメリットになっています。
カンキーの家族も加わって、ロデオを教えています。
「成るべきように成る。いつも準備ができています。
あわてることや、強いこだわりをもっていることもありません。
息子のすごいところは、とにかく決してあきらめないのです。」
そう父親のディーン・カンキーが言います。
r1 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r2 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r4 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r3 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ
ロデオは、ワイアットが荒馬をうまく扱えるようにしているだけではありません。
日常生活によい影響を与えています。
「社会性の成長にとても役に立っています。
息子は一種の殻を破って出てくることができました。
これからの人生について、新しい見通しをもつことができました。」
ワイアットの母親、アンジー・カンキーはそう語ります。
ワイアットは発達障害であることは、よりよい人になれ、よりよい競技ができることにつながると言います。
「発達障害であることが、良い人になること、いいカウボーイになることに役立っています。」
障害があるために、もしもできないと考えるなら、ロデオを教えてくれるコーディネーターが考え直させてくれます。
「できないと決まっているわけではありません。
どんなふうにたいへんでも、どんなふうだからたいへんでも、何かがないからたいへんであっても、それは問題ではありません。
興味を持てたり、何かやりたいことをあったら、ただ前へ進みましょう。それだけです。」
高校ロデオ大会のコーディネーター、トリッシュ・ヒンリクスはそう語りました。
r5 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r6 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ
(出典・画像:米NBC NEBRASCA
馬による療育はこれまでにも見てきましたが、今回は荒馬を操るロデオです。
なかなか危険だと思いますが、馬の療育と共通した効果があるのでしょう。
何よりも、発達障害であることを「障害」なんて思わないマインドを持てたことが本当に素晴らしいことだと思います。
好きなことを見つけて、ただ前に進みましょう!
 
キャプテン・アメリカとアベンジャーズを支える才能

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。