発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ

time 2017/06/20

発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ

米ネブラスカ州全土から、200名以上の学生が高校ロデオ大会で競いました。

その中で、ワイアット・カンキーは目立っていました。
カンキーは発達障害です。

カンキーにとってそれはメリットになっています。
カンキーの家族も加わって、ロデオを教えています。

「成るべきように成る。いつも準備ができています。
あわてることや、強いこだわりをもっていることもありません。
息子のすごいところは、とにかく決してあきらめないのです。」

そう父親のディーン・カンキーが言います。

発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r1 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r2 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r4 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r3

ロデオは、ワイアットが荒馬をうまく扱えるようにしているだけではありません。
日常生活によい影響を与えています。

「社会性の成長にとても役に立っています。
息子は一種の殻を破って出てくることができました。
これからの人生について、新しい見通しをもつことができました。」

ワイアットの母親、アンジー・カンキーはそう語ります。

ワイアットは発達障害であることは、よりよい人になれ、よりよい競技ができることにつながると言います。

「発達障害であることが、良い人になること、いいカウボーイになることに役立っています。」

障害があるために、もしもできないと考えるなら、ロデオを教えてくれるコーディネーターが考え直させてくれます。

「できないと決まっているわけではありません。
どんなふうにたいへんでも、どんなふうだからたいへんでも、何かがないからたいへんであっても、それは問題ではありません。
興味を持てたり、何かやりたいことをあったら、ただ前へ進みましょう。それだけです。」

高校ロデオ大会のコーディネーター、トリッシュ・ヒンリクスはそう語りました。

発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r5 発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ r6

(出典・画像:米NBC NEBRASCA

馬による療育はこれまでにも見てきましたが、今回は荒馬を操るロデオです。

なかなか危険だと思いますが、馬の療育と共通した効果があるのでしょう。

何よりも、発達障害であることを「障害」なんて思わないマインドを持てたことが本当に素晴らしいことだと思います。

好きなことを見つけて、ただ前に進みましょう!

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。