発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症スペクトラム障害の人は社会心理学者と同程度以上に優れる

time 2019/09/12

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症スペクトラム障害の人は社会心理学者と同程度以上に優れる

自閉症スペクトラム障害(ASD)の人の特徴として他人の感情や精神状態がわからないことがあげられます。
しかし、人の行動についてもっと広く捉えて考えると、
自閉症スペクトラム障害のない人よりも自閉症スペクトラム障害の人は、社会心理学者と同程度以上に優れている。
という米イエール大学の研究結果が”the journal Proceedings of the National Academy of Sciences”に掲載されています。
「自閉症スペクトラム障害の特徴をもつ人たちは、ある一人についての精神状態を理解するのが困難であっても、たくさんの人たちが社会状況にあわせてどう反応するのかを分析することは得意なのです。」
心理学科で博士課程のアントン・ゴルウィッツァーはそう言います。
a2-1 自閉症スペクトラム障害の人は社会心理学者と同程度以上に優れる
ゴルウィッツァーらの研究チームは、104カ国の6595人に回答してもらったネットのクイズでの結果を分析しました。
このクイズは、一般的な人々がある社会的な状況において、どう反応するのかを予測し答えるものです。
ゴルウィッツァーはこれに必要なスキルを「社会心理学的スキル」と呼んでいます。
こうしたクイズです。
問題.人は一人でいるときよりも集団にいるときのほうが自分の行動に責任を感じますか?
正解.いいえ。
問題.怒っているときには、ぬいぐるみに八つ当たりをすることで気分はよくなりますか?
正解.いいえ。
問題.平均すると人は一人でいるときよりも集団にいるときのほうが一生懸命になりますか?
正解.いいえ
こうした問題に対して、自閉症スペクトラム障害の人は、そうでない人に比べて良いスコアでした。
a1-1 自閉症スペクトラム障害の人は社会心理学者と同程度以上に優れる
ゴルウィッツァーはこうした一般性をもつ問題については、個々人の感情や精神状態を評価する必要なしに、状況分析を行えるものであるためだといいます。
そしてこの「社会心理学的スキル」は、自閉症スペクトラム障害の人がかかえる社会的な困難を補うのに役に立っていると考えられます。
(出典:米イエール大学)(画像:Pixabay
個々人を相手にする必要なく、一般的な問題となれば、持っている特性が強みになり合理的な判断ができるのだろうと思います。
そして、そうした分析はたしかに困難を少しでも減らそうと培われてきたものなのでしょうね。
「社会心理学的スキル」は政治や経済の課題解決にますます必要とされるはずです。活躍して頂きたいと願います。
高機能自閉症の人を積極採用する企業。「私たちが学んでいる」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。