発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

何百人もの発達障害の子たちが水に親しめるようサーフィンで支援

time 2019/10/19

この記事は約 2 分で読めます。

何百人もの発達障害の子たちが水に親しめるようサーフィンで支援

西オーストラリアのこの海岸は地元の住民に楽しまれています。
そして、一部の地元のサーファーたちがある子どもたちのグループがここでよく亡くなっていることを知りました。
慈善団体の「オーシャンヒーローズ」は何百人もの発達障害の子どもたちが水に親しめることができるように支援しています。
太陽、波が子どもたちに自信ももたらしています。
10歳のジャックが楽しんでいる姿を見て、母親のエヴィ・クアックは感激しています。
「息子はスポーツが得意ではありません。
ですが、水に入れば活き活きしています。
サーフィンは毎日やりたがっています。」
ジャックはサーフィンを始めてまだ3回めですが、とても上手です。
s2-1 何百人もの発達障害の子たちが水に親しめるようサーフィンで支援
s3-1 何百人もの発達障害の子たちが水に親しめるようサーフィンで支援
母親のエヴィは、「オーシャンヒーローズ」の創設者、ルーク・ハラムやボランティアが、息子のジャックに大きな喜びを与えてくれたと心から感謝しています。
「彼らはとても情熱をもって行っています。
子どもたちと一緒に過ごしているのを見ればそれがよくわかります。本物の情熱です。」
教える側のボランティアたちは、子どもたちよりも楽しく思っているといいます。
「水に入ることも躊躇していた子どもたちが、どんどん上手になっていて自信を持つようになって、
大きな波に乗りたいと言うようになります。
子どもたちが自分のできるところを親に見せている姿を見れるんです。」
s4-1 何百人もの発達障害の子たちが水に親しめるようサーフィンで支援
創設者のルークは、サーフィンは子どもたちが楽しめるスポーツになっているだけではないといいます。
「水死が18歳未満の発達障害の子どもたちの一番の死因となっているのです。」
オーシャンヒーローズが運営されてから3年がたちますが、セッションの予約はいつも3分で埋まってしまいます。
150人以上が参加できることを待っている状況です。
(出典・画像:豪9NEWS
サーフィンはずっとやってみたいと思っています。
うちの子にはちょっと難しそうですが、きっと少しでも乗れたらすごい笑顔をみせてくれるはずです。
発達障害などの子たちが乗れるように。自転車一週間スクール

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。