発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

南フロリダ中の警察官に感謝カードを贈る少年

time 2016/08/28

この記事は約 2 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
南フロリダ中の警察官に感謝カードを贈る少年

11歳のジャック・フレミングは、彼の助けとなっている全ての警察官に感謝を示すことを自分の使命にしています。
発達障害であることに関係なく、南フロリダ中で笑顔を見せて感謝を表しています。
「僕は、ただお父さんのような警察官になりたいんだ。」

ジャックの父であるジョンは以前ニューヨーク州警察に勤務し、今はジュノビーチ警察に務めています。

ニューヨークで惨事をみてから、ジャックは警察署や交番へそれぞれに異なる贈りものとカードを作ろうと心に決めました。

「警察官の皆さん、あなたはヒーローです。

僕も隣に立って手伝いたいです。

僕のことを好きになってください。そしてお気をつけて仕事をしてください。」

ある日、パームビーチの警察官が受け取ったカードにはそう書いてあり、彼と友達になりました。

南フロリダ中の警察官に感謝カードを贈る少年 CqjpLZjVYAAFXWA 南フロリダ中の警察官に感謝カードを贈る少年 p4-2

「それは、とてもうれしかったです。

僕はその警察官に会いに行きました。

たくさんの他の警察の人たちもやさしくしてくれました。」

ジャックともう一人の発達障害の娘のライリーの母親でもあるキャリンが言います。
ジャックがこのように警察官の人たちとつながっていくのは本当に奇跡のようだと。

南フロリダ中の警察官に感謝カードを贈る少年 p3-2-1016x1024

「息子はこれまで、誰かとつながるようなことはできませんでした。

しかし、今は警察官の方たちとつながりをもつことができました。警察官の方たちからも息子に声をかけてくれます。

いっぱいの笑顔をみせるようなことはありませんが、必要とする人にちょっとした挨拶をしてくれるのです。」

キャリンと夫のジョンは息子ジャックの活動への協力と感謝をFacebookにあげていて、亡くなった警察官の家族への募金も募っています。

「ジャックは自分でもわかるように変わってきました。社会へ参加して、驚くほど生活が変わりました。

私たちは息子のFacebookページが多くの警察官の方たちに役に立つようになることを願っています。」

(出典・画像:米CBS12

 

警察官はかっこいいですし、感謝する気持ちもよくわかります。

イギリスの少年は消防士でした。

イギリスの国中の消防署を訪れている少年

みんなの安全を守ってくださる方々には感謝です。

 

警察の方が応援してくれているこんな話もあります。

山火事で被災した子たちへお買物イベント

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ