発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子と家族でアメリカ横断自転車旅

time 2016/08/29

発達障害の子と家族でアメリカ横断自転車旅

豪アデレードに住むフィオナとトラビスの夫妻は7歳の息子パッチとともに5000kmのアメリカ縦断の旅をしています。
発達障害だからといって不自由な人生であるわけではないことを証明したいと考えて。
「私たちは素晴らしいことは何でもやります。家族一緒に。」
フィオナは言います。

アメリカの西海岸北部のワシントン州から、東海岸北部にある首都ワシントンDCまでの道のりの途中です。

パッチは2歳9ヶ月の時に発達障害と診断されました。

パッチはあまり話をすることができません。

行動にも不自由を抱えており、運動機能にも遅れがあります。

「これまでの5年間は、私たちの生活はパッチの療育を中心としていました。

できるだけ発達できるように。」

フィオナとトラビスは以前、自転車で旅行をしていました。
そこで、パッチと一緒に、家族でアメリカ縦断の旅をしようと決めました。

「子どもには、何ができないのか、ばかりを考えていました。

そうではなくて、これからはパッチに何でもできるんだ。ということを伝えたいと思っています。

パッチは今はとても幸せな子どもです。

私たち家族はどきどきしながら、いろんな人に出会います。出会った人は息子を励ましてくれたりします。」

発達障害の子と家族でアメリカ横断自転車旅 by1-1024x768

夫妻は、子どもが寝そべって座れる二人乗りの自転車と、普通の自転車で旅をしています。

パッチは二人乗りの自転車の前に座って、トラビスが自転車をこぎます。

「息子の頭がすぐそばにあって、旅をしている間ずっと息子に話しかけているんだ。

起きたことや、見かけた文字を読んだり、今していることを説明したり。

息子は坂を下るのが大好き。」

 

5000kmの旅は人生で大きな経験になります。

3ヶ月にわたるアメリカ縦断の旅で、家族が求めていた、何にも邪魔をされないで一緒に過ごせる時間を得ることができました。

「パッチは家族で仲良くコミュニケーションをすることが大好きです。

家族の時間を過ごすことができています。

息子の顔にそれが表れているでしょ。」

発達障害の子と家族でアメリカ横断自転車旅 by3-1024x768

家族はこれまでに、全く知らない人に親切にしてもらうこともありました。

モンタナではある人から、一晩、家に泊まっていたらどうかと誘われました。

「それから、もう一台車があるから、よかったらこの街をドライブしてくればとも言ってくれたのです。」

(出典・画像:豪ABCNews

 

こんな旅したい!

別の話では旅を通じて、子から教わったことをこの親は教えてくれています。

自閉症の息子が父に教えてくれた5つのこと。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。