発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

話すことができない発達障害の自閉症の息子へ。パパからの手紙

time 2019/12/02

この記事は約 4 分で読めます。

話すことができない発達障害の自閉症の息子へ。パパからの手紙

ご紹介するのはある父親から発達障害の自閉症であり話すこともできない息子へのオープンレターです。

自閉症スペクトラム障害の子どもの40パーセントは話すことができません。

親愛なるクーパーへ

本当に自閉症だとわかった瞬間のことを憶えています。

君が話ができなかったり、他の子ができることができなかったときではありません。
ママが何かがおかしいと言ったときでもありません。
ママが夜遅くに君ができることのチェックリストを作って悩んでいたときでもありません。

ママから、君が話せるようになることが遅れていると聞いても、私は自閉症だとは信じませんでした。
お母さんがどうしてできないことばかり探すのか、私は理解できませんでした。
他の子と君は同じではないからです。

パパはおじいちゃんがパパと一緒にずっと野球をして遊んでくれたり、自転車に乗ることを教えてくれたり、そうしたことを君としたいと思っていました。

君の自閉症がはっきりするまで、パパは気にしないようにしました。

話すことができない発達障害の自閉症の息子へ。パパからの手紙 f3

けれど、君は眠りませんでした。君は食べませんでした。何にでも悲鳴をあげました。
ブランコの前に行っても、どうしていいのかわからないようでした。
砂場があっておもちゃがあっても見ているだけでした。

トラックを見るのが好きだったので、乗れるおもちゃの車を買いましたが、乗ることを嫌がりました。

幼稚園に行くのを辞める頃に、君が自閉症であることがよくわかりました。

悲しい気持ちになりました。
君はそれを知らないでしょう。
ママも知らないでしょう。パパは誰にもそれを見せませんでした。

パパは君のおじさんから子どもたちについて話を聞いたことを憶えています。

一人の子はアイスホッケーを始めていました。
一人の子は読み書きを始めていました。
二人とも君と同じ年齢でした。

父親としてできることはあると思いましたが、それは君が生まれたときに考えたこととはもう違いました。

話すことができない発達障害の自閉症の息子へ。パパからの手紙 f4

君は8歳になりました。大きくなりました。
まだ言葉はありません。自転車に乗ったこともありません。
けれど、もうかまいません。

昨日、君がグラウンドの地面に座ってママといっしょに雲を見つめているのを見ました。
指をさしたり、声をだしていました。

笑っていましたね。ボールを投げたりもしていました。
拍手をしていました。ジャンプしていました。
君はパパに手を広げて抱きついてきました。

パパがおじいちゃんとした野球とは全く違うものでしたが、素晴らしい出来事でした。

君はパパに忍耐することを教えてくれました。
君はパパとは違うことを教えてくれました。

人生が計画通りに進まなくても、大丈夫だと教えてくれました。
悲しいと思ったらその感情を出してもいいことを教えてくれました。

正しいことのために戦うことを教えてくれました。
立ち上がってこれは間違っていると声を上げ、他の人と一緒になって行うのを励ましてくれました。

話すことができない発達障害の自閉症の息子へ。パパからの手紙 f1

ママとパパは君の声を見つけるのに8年かかりました。
それでも正直なところ、本当に見つけているかはわかりません。

ただ、一つしっかりわかっていることがあります。

パパの仕事は、君と君のような子どもたちのために世界を変えることです。
君がもっていない君の声になり、君が成長していくのを応援する人たちを増やします。

パパは昔、障害のある人に関心を持つことはありませんでした。
パパは自分のような人たちばかりに囲まれていて、わかっていませんでした。

今は世界が昔とは違うように見えます。
君がそうしてくれました。
他の人もそうなってくれたらいいと思っています。

パパは君がずっと安心して生きていけるように、そしてこの世界が君により良くなるようにすることを約束します。
ありがとう。愛してる。

パパより

(出典:米Fatherly)(画像:Pixabay

うちの子も話せません。

朝起きてくると、よく大好きなポテチの袋を見つけてもってきます。

朝からどうよ。というのはありますが、

そんな意思表示でも、つい嬉しくなって開けてしまいます。

本人の健康や人生や社会にも関わるのでただ甘やかすようなことはしませんが、ふだんの生活で見せてくれる笑顔が私には何より大事なものです。

言葉を話せない自閉症の人の不安への対処のためにできること

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!