発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間

time 2020/02/05

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間

毎年、米タウソン大学の男子バスケットボールのコーチ、パット・スケリーは発達障害である自閉症の人たちをチームに招きバスケットボールを行っています。
パットが学んだように、バスケットボールの選手たちも多くのことを学んでいます。
ハスマンセンターに通う、自閉症の人たちが1時間、歓声をあげジャンプをして楽しみました。
大学のチームの選手と一緒になってコートでプレイしました。
b3 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間 b1 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間 b5 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間 b6 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間
参加したチャールズ・ボウロコスはこう言います。
「選手たちと会える、それが楽しい」
一緒に参加している、療育を行うマット・ウェインラムはこう言います。
「選手たちが大きくてびっくりです。そしてすごい人たちです。
自閉症の人たちもとても楽しめています」
選手たちも最高の時間を過ごしています。
女子バスケットチームの監督のダイアン・リチャードソンはこう言います。
「本当に素晴らしい。
コーチのパットと私は自閉症の子どもたちが家に閉じこもりがちであることについて話をしていました。
自閉症の人たちのことをみんあがもっと理解してほしい。
そして、応援したくてやっています」
b8 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間 b9 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間 b7 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間 b2 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間 b10 自閉症の人たちとのバスケットボール。選手たちにも最高の時間
パットはこう言います。
「選手である生徒たちも視野が広がるはずです。
このプログラムには本当に素晴らしい人たちが参加しています」
選手のブライアン・フォブスは毎回参加しています。
「どんなプレーであっても、一生懸命にがんばって、好きなことをやり続けています。
どんな障害があったって、気をつければ何でもできます。
私はこの人たちから学びました。その笑顔に感謝しています」
(出典・画像:米WBALTV
一緒にたくさんの笑顔の時間を過ごして、そしてハイタッチ!
それは本当に参加している人みんながうれしくなる時間だと思います。
私も事あるごとにうちの子とハイタッチをしています。
私が過去バスケットボールをやっていたことは誰も信じてくれません。
「自発的」運動が自閉症の子の症状を改善する可能性。東大研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。