発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

こだわりを一緒に楽しむ。6歳の子が開いたスーパー

time 2016/09/02

こだわりを一緒に楽しむ。6歳の子が開いたスーパー

花火を見に行った帰り道、6歳の少年アイデン・ギアリは自分のお店を開こうと思いました。
発達障害の少年の頭にそう浮かんだのは、夜の帰り道に開いているお店がないのに気づいたからです。
この少年はお店が開いている、開いていないを示す表示がとても大好きだと、母親が言います。
これが家のガレージの中に自分のお店を開いた理由の一つです。

アイデンは、ストレージ・スーパーストアの店長であることに誇りをもっています。

そのストアには、洋服売り場、配達作業場、お会計のレジがあります。

母親には、お店を宣伝するもっと大きな看板がほしいとねだっています。

こだわりを一緒に楽しむ。6歳の子が開いたスーパー cbc1-1

ストレージ・スーパーストアのお店が開いている時間は限られています。

Facebookのページで開店している時間を伝えています。
そして、オンラインショップも。

アイデンは、クリスマスの飾りや色付けした石、ブレスレットがセール中です。

こだわりを一緒に楽しむ。6歳の子が開いたスーパー cbc3-1024x768

Facebookのページ

「子どもが興味をもったことを、できるだけ応援するのはいいことだと思っています。
なので、息子はある日からスーパーの店長になったのです。」
と母親が言います。

アイデンは興味をもってから、スーパーの店長になり、そして「何でも」売るビジネスを考えるようになりました。

アイデンと弟のデクランはふたりとも発達障害です。アイデンは3歳の時に発達障害と診断されました。

両親は早くから、道路標識や電車の標識のようなものに、ふたりがこだわりを持つことに気づいていました。

「何かにこだわりを持った時には、一緒に楽しむようにしました。」と母親は言います。

息子たちと仲良くなるには、こだわりを持ったものを徹底的に楽しむことです。

今はそれが、ストレージ・スーパーマーケットです。

(出典・画像:カナダCBC

 

子どもと一緒に徹底的に楽しむのは素晴らしいですね。

Facebookページを作って、ネットショップまで開いてしまうなんて。

ここまでやれるのは、まず子どもの笑顔がうれしい、でやってしまう、すると自分も楽しくなってくる。

子どもと一緒にますます楽しくなる。

その気持ちわかります。

 

巨大スーパーに対して活動を始めた母親の話もあります。

母親がショッピングストアへお願いしているアイデア

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。