発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス

time 2020/03/29

この記事は約 2 分で読めます。

保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス

Google Glassは、Googleが期待していたほどのヒット商品にはならなかったと言っていいでしょう。
しかし、米スタンフォード大学の研究チームは、この拡張現実(AR)ヘッドセットを用いた発達障害の自閉症の子どもたちを支援する研究で数多くの功績を築きました。
スタンフォード大学医学部による自閉症グラスプロジェクトはすでに6年間継続して、取り組まれておりこのプロジェクトに参加した子どもたちは、この自閉症グラスをスーパーパワーグラスと呼ぶようになりました。
g9 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス g8 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス g7 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス
自閉症グラスは自閉症スペクトラム障害の人たちが、そうではない人たちと同じように目の前の人の表情から感情を理解できるようにすることを目的としたものです。
Google Glassについてカメラを利用して、カメラに写った人の顔の画像からAIが感情を判断し、Google Glassのスクリーンに絵文字や文字で感情を教えてくれます。
または、Google Glassの骨伝導スピーカーで音声で教えることも可能です。
自閉症グラスは、幸福、怒り、驚き、悲しみ、恐れなど、カメラに映る人の感情を識別できます。
g5 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス g6 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス g3 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス g4 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス
自閉症グラスを開発した研究チームはこのように述べています。
「ケアを必要とする子どもの数に比べて、対応できる専門家の数は圧倒的に足りていません。
そこで、一人の専門家がより多くの子どもに対応できるようにする必要があります。
そのためには、すべてを専門家に頼るのではなく、本人や両親に手伝ってもらえる方法を作るのです」
現在この自閉症グラスは、米国食品医薬局(FDA)からの承認に向けたプロセスが進んでいます。
承認を得られれば、健康保険負担の対象となり、必要とする人たちが入手しやすくなります。

(出典:米DIGITAL TRENDS)(画像:YouTube)
こうしてかかえている困難に対して、大きく助けてくれるIT技術、AIを見ると本当にうれしくなります。
ますます進展してほしいと願います。
それぞれの自閉症の子の能力レベルを認識し対応できるロボット

(チャーリー)

HOBEECのiPhone/iPad向けAIアプリ 話すカメラ

 
スマートスピーカーでも「たーとるうぃず」をご利用頂けます。

turtlewiz_logo_alexa_title 保険適用に向け進められている米スタンフォード大の自閉症グラス

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。