発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子たちのためにマックのハッピーセットを母が作る

time 2020/04/07

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の息子たちのためにマックのハッピーセットを母が作る

市販のチキンナゲットを使って、息子たちのために母親は毎週マクドナルドのハッピーセットを作っています。
ドナ・ガンソンの息子、5歳のルーク、4歳のジェイクは二人とも発達障害の自閉症スペクトラム障害です。
毎日のお決まりを変えることは二人にはとても簡単ではなく、母親のドナは悩みました。
家族は毎週、地元のマクドナルドのドライブスルーを利用していました。
ですが、現在は閉鎖されてしまったのです。
ドナは考えました、そして自分で作ることにしました。
マクドナルドが惜しみなく提供してくれた箱とおもちゃを使って、今では自分で子どもたちにハッピーセットを作っています。
m1 発達障害の息子たちのためにマックのハッピーセットを母が作る
「マクドナルドに行くと閉店中だと言われました。
二人の自閉症の子どもたちのことを考えると、本当に困ってしまいました。
兄のルークは何か欲しくなると、それを手に入れるまで、いつもらえるのかずっといつまでも質問を続けます。
マクドナルドで買うことができなかったため、それが何日も続きました。
電話で店員のマイケルさんにそのことを話し、マクドナルドのハッピーセットの紙箱をいくつか購入させてもらえないか尋ねました。
もちろんと承諾してくれました。
私がお店につくと、スタッフの方がどれくらい必要なのかと尋ねてきました。
すると、何百もの紙箱や私がお願いしていなかったハッピーセットのおもちゃまで持ってきてくれました。
私は涙が出ました。
それだけではありません。
一切、お金はいりませんとのことでした。
そのスタッフの方の友人の息子も自閉症で、自分もよくわかっているのだと言ってくれました」
m3 発達障害の息子たちのためにマックのハッピーセットを母が作る
子どもたちの食事の悩みが減りました。
「子どもたちにかかえる困難の一つをなくしてくれました。
今まで私たちはドライブスルーを利用していました。
それが私のキッチンに変わっただけになりました。
マクドナルドと同じようにチキンナゲットとフライドポテトを揚げています」
(出典・画像:英THE SUN
うちの子どもたちもフライドポテトが大好き。私もビッグマックなど大好き。
毎週とまではいきませんが、よくマクドナルドは利用させてもらっています。
新型コロナのための閉店とはいえ、このようなサポートをしてもらったら、本当に感謝しかなかったと思います。
本当に素晴らしいですね。
知的障害者への就業支援でマクドナルドの人気店員に。32年働く

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。