発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

「普通」になりたいと思った自閉症の私、受け入れてから楽しい

time 2020/04/28

この記事は約 2 分で読めます。

「普通」になりたいと思った自閉症の私、受け入れてから楽しい

「普通」という言葉をよく聞きます。
私にとっては、決められたように自分の人生を生き、流行を追い、流行に乗って、群集の一部になることを意味することです。
物心ついたときから、私はいつも少し「違う」と思っていました。4歳の頃から一人で砂場で楽しく遊んでいた記憶があります。
すぐにまわりの子とは違うことがバレてしまって、4歳のときに発達障害の自閉症と診断されました。
私の子ども時代は、数学と他の多くのことを助けてくれるたくさんの療育の時間を過ごしました。
5歳から10歳の間は、これが私の人生の一部であると考えていました。
それは何も恥じることではありませんでしたし、それは私が高校に達するまで、そう考えることもありませんでした。
n2-1 「普通」になりたいと思った自閉症の私、受け入れてから楽しい
高校では、私は私の行動と私のひどい数学の能力のために特別支援クラスになりました。
学校の他の子どもたちが自閉症かどうかは私にはわかりませんでした。
何人かの子どもたちは、私が変わっていたので、私を「変人」と呼びました。
私は必死に「普通」になりたいと思いました。
変人になるのが嫌でした。
早く学校を卒業したいと思いました。
私は自分の性格のあらゆる面を理由にいじめられました。
私は毎日、自分が普通ではないこと、「ひどい」こと、何の役にも立たないことを思い知らされました。
そして、自傷行為も行うようになりました。
自分を傷つけるたびに、痛みは薄れていきました。
私は精神的にも感情的にもろく、痛みによって催眠術をかけて、表面的な幸福と長続きしなかった静けさを得ようとしました。
n3-1 「普通」になりたいと思った自閉症の私、受け入れてから楽しい
最終的には、私の行動の問題から高校は退学になりました。
私はゆっくりと元に戻っていきました。
その後、大人になった私は大学に行き、友人を作り、自閉症と精神保健のコミュニティを作りました。
私は今でも自閉症の擁護者です。
写真撮影をしたり、地元紙に掲載されたり、昨年はICTコースに合格したりと、素晴らしいことをたくさんしてきました。
今は人生を楽しんでいます。
n4 「普通」になりたいと思った自閉症の私、受け入れてから楽しい
私は型破りです。なので、自分の人生や他の人を普通であることでは測らないことにしています。
私は私が誰であるかを受け入れて人生を愛しています。
それは簡単なことではありませんでしたが、間違いなく人生はそうするだけの価値があります。
自閉症の人には、常に希望があり、困難な時期を乗り越えることができるということを理解してほしいと思います。
(出典:米The MIGHTY)(画像:Pixabay
「普通」
それぞれの人の頭に浮かぶ模範や規範とするべき想像上の存在でしかありません。
その程度のものであることを認識して縛られすぎることなく、みんな伸び伸び生きていってほしいです。
発達障害の子の父が言う。空気を壊す勇気を

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。