発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

音楽大好きの発達障害の少年はミュージシャンの父親と歌う

time 2020/05/07

この記事は約 2 分で読めます。

音楽大好きの発達障害の少年はミュージシャンの父親と歌う

小さな男の子がビリー・アイリッシュの曲を父親と一緒に誇らしげに演奏している姿がネットで話題になりました。
ノア・マッカーシー・デイリーは6歳です。
音楽が大好きで、家の中で一人で歌うことがよくあります。
ノアは発達障害の自閉症と診断されています。
4歳になってから話し始めました。
今は、完璧に歌を歌っています。
母親のクレアはノアが歌い始めたきっかけについてこう言います。
「息子のノアは話せる言葉は多くありません。
4歳の頃から話し始めましたが、とても音楽的な感じでした。
父親はミュージシャンです。
私たちは音楽を通じて息子にいろいろなスキルを教えてきました。
m2-1 音楽大好きの発達障害の少年はミュージシャンの父親と歌う
父親はライブが行えず、息子は今は学校に行けないので、二人でたくさんの音楽を演奏しています。
息子は本当に音楽が好きです。
ギターのコードをすべて知っています。わずかでもずれていればすぐに気づきます。
なので、ギターが正しくチューニングされているかどうかわかります」
ノアは言葉よりも早く、3歳半のときにキーボードで「きらきら星」を演奏しました。
新型コロナ感染防止のための外出禁止の制限の困難にあっても、音楽のおかげでノアは過ごすことができているとクレアは言います。
m3-1 音楽大好きの発達障害の少年はミュージシャンの父親と歌う
「息子にとっては簡単なことではありません。
口に出すことは出来ませんが、いつも大きな不安をかかえています。
今は眠ることができません。
おじいちゃんやおばあちゃんの顔を見ることもできず、乗馬やサッカーをすることもできません。
大きな試練の一つです。
しかし、音楽が助けてくれています。
父親と一緒に歌って、楽しんでいます」
(出典・画像:アイルランドCorkBeo
家にずっといる今は、親子で歌うにはちょうど良い機会でしょう。
踊りながら一緒に歌えばますます楽しくなります。
笑顔を見て笑顔を見せる楽しい時間になりますよ。
発達障害の子と若者が1対1でバンドを組む音楽療育プログラム

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。